名庭園を訪ねる その5

名庭園を訪ねる その5

~京都・西芳寺庭園~

別名「苔寺」として知られる西芳寺の庭園は、日本の庭園美を代表する庭と言えましょう。ところが、この庭園は、創建時は現在の詫びた風情とは全く異なる、明るく華やかな池泉式回遊庭園だった、というと、多くの方は驚かれるのではないでしょうか。ある意味、現在の苔むして侘びた風情は、庭園作庭者の意図したものではなく、偶然の賜物ともいえるものなのです。

西芳寺中興の祖、夢窓疎石(12751351)が西方寺に入山したのは1339年と言われていますが、その時点で、奈良時代に建立されたと言われる伽藍は、かなり荒れていたようです。疎石は寺を再興して名を「西芳寺」と改めると共に、以前からあった池や石組みを活かして庭園を再整備し、瑠璃殿を始めとする華やかな楼閣建築を設けました。再整備後の西芳寺を訪れた足利義満は、その素晴らしさに感激し、鹿苑寺(金閣)造営の参考としたことからも、その豪壮さが伺えます。ところが、せっかく疎石により再興された西芳寺ですが、その後、またしても戦乱や洪水による荒廃に見舞われます。その間に足利義政が訪れ、慈照寺(銀閣)の参考にしたというエピソードも伝えられていますが、江戸末期にはますます荒廃が進み、庭園全体が苔で覆われるに至りました。現在我々が知る、苔寺としての西芳寺には、いわば廃墟の美学とも通底するところもあったのですね。

ところで西芳寺と言うと、この苔むしたエリアのみが注目されてしまいがちですが、実は、庭園は池泉式回遊庭園である苔むした下段部分と、枯山水庭園である上段部分からなっており、この上段部分にこそ、疎石作庭の痕跡が色濃く残ると言われています。「苔寺」の優しいイメージからは外れますが、その荒々しいとも見える豪壮な石組みは、注目に値します。

まさに西芳寺庭園は、作為と自然が時間の流れの中で織りなされることで誕生した、他に例のない庭園と言えるでしょう。
庭園内には、数棟の建造物がありますが、桃山期に千利休の養子である千少庵が再興したと伝えられる茶室「湘南亭」(重要文化財)は、開放的な庭園建築の中に茶室が組み込まれており、利休の厳しい侘び茶の世界感とは少し異なった、たおやかな風が感じられる建築となっています。

拝観には往復はがきによる事前申し込みが必要ですが、やはり一度は見ておきたい名庭園です。

〔基本情報〕
住所:京都市西京区松尾神ケ谷町56
嵐山方面からバス15分 「苔寺・すず虫寺」バス停下車 徒歩3分

見学(拝観):可

住まいのナビゲーター 
一級建築士 金山 眞人 

次回のナビコラムもお楽しみに♪

これまでのナビコラムはこちらから!

#庭園

同じカテゴリの記事

暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

~北欧の自然を感じるアアルトのデザイン~ヘルシンキに向かう飛行機の中から見下ろすと、森と点在する湖の美しい景色が広がり、スケール感も色彩も調和する都市が見えてきます。「暮らしに色を取り入れてみませんか?その5」で紹介した建築家アルバ・アアルトと、妻...

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

注記:執筆は6月中旬です  6月は、初夏のようなお天気が続いていますね。そろそろ、梅雨入りでしょうか。我が家の庭には紫陽花も咲いて、恵みの雨を待っているところです。[caption id="attachment_10085" align="aligncenter" width="241"] アジサイ[/caption]こ...

WEB住宅ローン利用増加に思う

WEB住宅ローン利用増加に思う

インターネットを利用した住宅ローンの申し込みや審査は、店舗を持たないネット銀行や住宅ローン専門会社が取り扱いを始め、さらに大手銀行との提携による代理業務や定額自動振替サービスによって返済への資金移動を可能にするなど、その関係を強化して拡充させてき...

性能と住み心地、住まいのバランス

性能と住み心地、住まいのバランス

皆さんが家に求めることはどんなことでしょう?コロナ禍で、週末なども家で過ごすことが多くなったと思います。そのことで、健康を維持しながら快適に暮らすことが、これからの住まいには求められているようです。私は、77歳という高齢の親を抱えていますが、外出を...

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

~北欧の建築家アアルトに学ぶ心地よい住まい~   最近、家での暮らしに関心を持つ人が増えたように思います。住み心地のよさでまず思い浮かぶのは、北欧で最も人気のあるフィンランドの建築家アルヴァ・アアルトです。1936年に建てられた彼の自邸は、デザインの美...

名庭園を訪ねる その4

名庭園を訪ねる その4

~平泉・毛越寺浄土庭園~   平安時代末期、奥州に栄えた藤原氏による一大仏教都市・平泉は、古くからあの「中尊寺金色堂」(1128年築?)の眩く怪しい黄金の輝きで、日本人の歴史ロマンを誘ってきました。当時建造された、中尊寺や毛越寺(もうつうじ)を始めと...