名庭園を訪ねる その5

名庭園を訪ねる その5

~京都・西芳寺庭園~

別名「苔寺」として知られる西芳寺の庭園は、日本の庭園美を代表する庭と言えましょう。ところが、この庭園は、創建時は現在の詫びた風情とは全く異なる、明るく華やかな池泉式回遊庭園だった、というと、多くの方は驚かれるのではないでしょうか。ある意味、現在の苔むして侘びた風情は、庭園作庭者の意図したものではなく、偶然の賜物ともいえるものなのです。

西芳寺中興の祖、夢窓疎石(12751351)が西方寺に入山したのは1339年と言われていますが、その時点で、奈良時代に建立されたと言われる伽藍は、かなり荒れていたようです。疎石は寺を再興して名を「西芳寺」と改めると共に、以前からあった池や石組みを活かして庭園を再整備し、瑠璃殿を始めとする華やかな楼閣建築を設けました。再整備後の西芳寺を訪れた足利義満は、その素晴らしさに感激し、鹿苑寺(金閣)造営の参考としたことからも、その豪壮さが伺えます。ところが、せっかく疎石により再興された西芳寺ですが、その後、またしても戦乱や洪水による荒廃に見舞われます。その間に足利義政が訪れ、慈照寺(銀閣)の参考にしたというエピソードも伝えられていますが、江戸末期にはますます荒廃が進み、庭園全体が苔で覆われるに至りました。現在我々が知る、苔寺としての西芳寺には、いわば廃墟の美学とも通底するところもあったのですね。

ところで西芳寺と言うと、この苔むしたエリアのみが注目されてしまいがちですが、実は、庭園は池泉式回遊庭園である苔むした下段部分と、枯山水庭園である上段部分からなっており、この上段部分にこそ、疎石作庭の痕跡が色濃く残ると言われています。「苔寺」の優しいイメージからは外れますが、その荒々しいとも見える豪壮な石組みは、注目に値します。

まさに西芳寺庭園は、作為と自然が時間の流れの中で織りなされることで誕生した、他に例のない庭園と言えるでしょう。
庭園内には、数棟の建造物がありますが、桃山期に千利休の養子である千少庵が再興したと伝えられる茶室「湘南亭」(重要文化財)は、開放的な庭園建築の中に茶室が組み込まれており、利休の厳しい侘び茶の世界感とは少し異なった、たおやかな風が感じられる建築となっています。

拝観には往復はがきによる事前申し込みが必要ですが、やはり一度は見ておきたい名庭園です。

〔基本情報〕
住所:京都市西京区松尾神ケ谷町56
嵐山方面からバス15分 「苔寺・すず虫寺」バス停下車 徒歩3分

見学(拝観):可

住まいのナビゲーター 
一級建築士 金山 眞人 

次回のナビコラムもお楽しみに♪

これまでのナビコラムはこちらから!

#庭園

同じカテゴリの記事

猫の額シリーズ その1

猫の額シリーズ その1

みなさま 失礼いたします。ナビゲーターの丸石と申します。狭い場所のことを指して、「猫の額ほどの・・」と言ったりします。ネットで「猫」と画像検索して彼らの顔をながめてみると、ふむふむ。。見る限り、そもそも「ひたい」という概念がなさそう。それ程、とる...

快適なリモートワークのためのインテリア

快適なリモートワークのためのインテリア

〜音を区切り集中しよう〜少し春の息吹も感じる様になってきましたが、未だコロナも猛威を奮っており、心配な日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?お子様がいらっしゃるご家庭では、休校やオンライン授業に再び切り替わり、ご家族ともにご自宅での時間が再び...

ペットと共に暮らす 水槽のある暮らし

ペットと共に暮らす 水槽のある暮らし

皆さんが住まいや暮らしに求めることはどんなことでしょう?「安心・安全」だったり、「安らぎ・癒し」など、求めることは多くあると思います。私にとっての住まいとは、毎日を共に過ごす家族と安らぎのある暮らしを得られることが重要なものとなっています。その暮...

名庭園を訪ねる その6

名庭園を訪ねる その6

~黒石・金平成園(澤成園)~青森県では近年、「大石武学流」と呼ばれる庭園の評価が高まっており、文化財にも次々指定・登録されている様子です。金山も2019年に建築家協会の弘前大会が開かれた折に何庭か拝見しましたが、中でも、最近整備が完了して面目を一...

机をつくる話

机をつくる話

みなさま 失礼いたします。ナビゲーターの丸石と申します。コロナ禍を経験してきて、世の中での働き方がかわりつつあります。その一つにテレワーク。自宅でのお仕事があげられるでしょうか。気合を入れて「さぁ、やるぞ。」となった場合に必要なのが、身を置く机と...

秋の庭から

秋の庭から

~炉開きの季節~里山の紅葉も最盛期を迎える頃、茶道では炉開きの季節。それに合わせた茶花も咲く頃。庭のモミジも色づいて紅葉の見ごろを迎えています。[caption id="attachment_10246" align="aligncenter" width="225"] 秋のはじまりを告げる 早咲きの椿 (セイ...