高齢期の住まいの相談窓口として紹介されました!

高齢期の住まいの相談窓口として紹介されました!

こんにちは、住まいづくりナビセンターの事務局スタッフからお知らせです。

住まいづくりナビセンターでは、2020年度より社会状況に応じて、オンラインでのご相談やセミナーを実施しています。また、住まいのナビゲーター®はテレワークでご相談対応していますが、この度、高齢期の住まいのアドバイザーのいる相談窓口として、サ高住 情報提供システムサイトで紹介されました!

掲載記事はコチラ(サ高住 情報提供システムサイト)

 

2019年3月に国土交通省は「高齢期の健康で快適な暮らしのための住まいの改修ガイドライン」を策定しました。これに基づいて、一般社団法人 高齢者住宅協会では、高齢期に適切な住まいや住まい方を提案できる人材育成を実施しています。このうち、2020年度に実施されたイーラーニング「住まいの提案力UP講座 入門編」を住まいづくりナビセンターでは15名が履修しました。

 人生後半を迎えたとき、今まで暮らしてきた住まいは築年数を重ね、実は断熱やバリアフリーが十分でなかったり、家族構成やライフスタイルの変化に合わなかったりすることが少なくありません。これからの暮らし方や住まい方に合わせて、早い時期から備えておくと安心快適な住まいとなります。

 住まいづくりナビセンターでは、毎月『人生後半の住まいを考える』を実施しています。これからのご自宅やご実家のリフォームや建替えをお考えの方はぜひご参加ください。受講の後、改修ガイドラインに沿った住まいについて、住まいのナビゲーター®に相談してみませんか?初回無料相談ナビゲーションは、平日だけでなく土日祝日もご相談いただけます。(事前予約制、水曜休館)

「人生後半の住まいを考える」セミナーはコチラ

初回無料相談「ナビゲーション」はコチラ

同じカテゴリの記事

「こども霞が関見学デー」に行ってきました!

こんにちは。毎日暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。今回のスタッフブログでは、8月4日(木)に出展しました文部科学省「令和4年度こども霞が関見学デー」の模様をレポートします。[caption id="attachment_10514" align="aligncenter" wi...

【お知らせ】冬期における給湯機器の故障予防対策等について

ここ東京にも雪が降るくらい、日本全国で寒い日が続いております。毎日温かいお風呂に浸かってゆっくりしたいですよね。そのために必要な住宅設備機器が給湯機器です。 給湯機器は、健康で快適な暮らしを実現するうえで欠かすことのできない住宅部品です。冬期は気温...

記事掲載*「スマートホーム」で実現する快適な住まい

日刊工業新聞10月8日の住宅特集に、亀井ナビゲーターが執筆したスマートホームについての記事が掲載されました。↓記事はコチラ日刊工業新聞 10月8日号_住宅特集これからの暮らしに、どこまで、どのように取り入れていくとよいのか、また、地球温暖化に対して、環境...

ナビコラムが始まります

こんにちは!住まいづくりナビセンター事務局のスマ子です。GWも過ぎ、窓から見える木々が一段と青々としてきました。天気もよく外出したい気分にもなりますが、皆さん、今は辛抱です。もう少し一緒に頑張りましょう!!住まいづくりナビセンターは現在、臨時休館中に...

日刊工業新聞 記事執筆のお知らせ

住まいのナビゲーター 山本倫子氏が平成31年4月24日発行の日刊工業新聞に「増税後に施行される住宅取得支援策」を執筆しました。20190424 日刊工業新聞

ショールーム見学のポイント!

3つの異なるショールームを一度に見学♪●今日は新宿南口にほど近いTOTO DAIKEN YKK AP 3社が集まったショールーム東京コラボレーションショールームの見学会を行いました。3社が協働するショールームは全国に8ヶ所しかありません。●見学の前に、ショールーム見...