暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

~北欧の自然を感じるアアルトのデザイン~

ヘルシンキに向かう飛行機の中から見下ろすと、森と点在する湖の美しい景色が広がり、スケール感も色彩も調和する都市が見えてきます。「暮らしに色を取り入れてみませんか?その5」で紹介した建築家アルバ・アアルトと、妻で建築家のアイノ・アアルトが暮らした自邸は、ヘルシンキ郊外の湖のそばにあり、夏の家はフィンランド北部の湖の島にあります。自然を感じながらの暮らしが、デザインにもインスピレーションを与えていると思います。

ヘルシンキ郊外の国立公園内の湖

アアルトのシンプルで柔らかさを持つインテリア製品のデザインは、80年以上たった今もモダンデザインの住宅に取り入れやすく、販売され続けています。私も日々愛用している製品を交えながらご紹介します。

 ◇波や湖を思わせるガラス製品
アアルト(Aalto)は フィンランド語で“波”という意味。
彼の感性を象徴するようなフラワーベースは、透明なガラスの曲線と水を透過した光が美しく、春は細めの花弁のチューリップを茎の黄緑の色も生かしながら、夏は水を活けるように涼しげに、秋から冬は葉の濃淡や色の違いと花の色を生かしゴージャス感を出しながらアレンジしています。

下の写真は、妻 アイノがデザインした水の波紋のイメージのグラス。硝子の色と飲み物の色との組み合わせが楽しめますし、厚みがあるので日常使いにしています。

◇照明
独特のフォルムと色彩でアクセントをつけて、空間を魅力的なものにしてくれます。
写真は、アアルト設計フィンランディアホール ホワイエの照明です。ホワイトのフォルムは陰影を際立たせ、煌めくゴールドの部分のスリットから、漏れる光の筋が広がります。白夜の太陽が低い位置から針葉樹林に差してきて、木々のシルエットが浮かび上がっているようなイメージです。

◇テキスタイル
アアルト自邸で書斎のカーテンに使われている、イタリア山岳都市シエナの石畳のイメージの、「シエナ」というシリーズがあります。白と黒のはっきりした色使いですが、一つ一つのブロックの模様は、手作りのような優しさがあります。アアルトの建築でも多く使われているレンガのリズム感にも通じますし、ピアノの黒鍵にも似ていています。

◇家具
フィンランドのバーチ材を曲げ加工した部材を使用して、明るい木の色で手触りが良いのが特徴です。下の写真のスツール60は、2020年ドイツ サスティナビリティ アワード 初のデザイン賞受賞。サイドテーブル、花の鉢などのディスプレイ、スタッキングできるので来客時の補助いすとして使用しています。

アームチェアー パイミオは、 サナトリウムで使用するため、呼吸が楽になるように背の角度が決められ、気持ちが明るくなるようにサナトリウムの鮮やかな黄色の床に置かれています。
下の写真は、1/16サイズで作成したペーパーモデルです。紙を貼り合わせて厚みを出してアームを作ると、微妙な曲線が実感できます。

アアルト自邸のコートラックのバーチ材は、長い年月を経て落ち着いた色になっています。
インテリアを考えるとき、自然に由来した普遍的なデザイン、経年の変化を楽しめる木材などがベースになっていると全体が調和し、木を多用してきた日本人にも馴染みやすいです。

光の広がり方が美しい照明と、ファブリックをプラスして心の安らぐ暮らしはいかがでしょうか?

住まいのナビゲーター 
一級建築士 亀井 真理 

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 金山 眞人さんの「名庭園を訪ねる その5」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

 

 

#デザイン#北欧#家具#建築家#暮らし#色

同じカテゴリの記事

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

注記:執筆は6月中旬です  6月は、初夏のようなお天気が続いていますね。そろそろ、梅雨入りでしょうか。我が家の庭には紫陽花も咲いて、恵みの雨を待っているところです。[caption id="attachment_10085" align="aligncenter" width="241"] アジサイ[/caption]こ...

WEB住宅ローン利用増加に思う

WEB住宅ローン利用増加に思う

インターネットを利用した住宅ローンの申し込みや審査は、店舗を持たないネット銀行や住宅ローン専門会社が取り扱いを始め、さらに大手銀行との提携による代理業務や定額自動振替サービスによって返済への資金移動を可能にするなど、その関係を強化して拡充させてき...

性能と住み心地、住まいのバランス

性能と住み心地、住まいのバランス

皆さんが家に求めることはどんなことでしょう?コロナ禍で、週末なども家で過ごすことが多くなったと思います。そのことで、健康を維持しながら快適に暮らすことが、これからの住まいには求められているようです。私は、77歳という高齢の親を抱えていますが、外出を...

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

~北欧の建築家アアルトに学ぶ心地よい住まい~   最近、家での暮らしに関心を持つ人が増えたように思います。住み心地のよさでまず思い浮かぶのは、北欧で最も人気のあるフィンランドの建築家アルヴァ・アアルトです。1936年に建てられた彼の自邸は、デザインの美...

名庭園を訪ねる その4

名庭園を訪ねる その4

~平泉・毛越寺浄土庭園~   平安時代末期、奥州に栄えた藤原氏による一大仏教都市・平泉は、古くからあの「中尊寺金色堂」(1128年築?)の眩く怪しい黄金の輝きで、日本人の歴史ロマンを誘ってきました。当時建造された、中尊寺や毛越寺(もうつうじ)を始めと...

ドイツでの暮らしを通して その1

ドイツでの暮らしを通して その1

こんにちは。住まいのナビゲーターの佐藤摂子です。2017年から2019年にかけて、家族とともに住んでいたドイツでの暮らしについてご紹介したいと思います。コロナ禍で簡単に行き来できなくなってしまった今、とても貴重な時間でした。暮らしを通してドイツのライフス...