自粛下で住まいづくりを進めるコツ

自粛下で住まいづくりを進めるコツ

~支援制度の適用延長スケジュール~
 「住宅ローン減税、13年間控除適用の延長措置」

借り入れで住宅を取得する場合に利用できる所得税の減税は、期間が10年間から13年間に延長されています。但し今年の年末までに入居できることが前提でした。
このたび、新型コロナウィルス感染症の影響で入居時期が延びた場合、今年9月末までに工事契約をすれば、来年(2021年)12月末までの居住開始で13年間の控除が受けられることになりました。つまり入居期限が1年延びたのです。(図のA)

一般的な戸建て住宅であれば、今から計画をスタートしたとして、9月末までに工事契約を締結することは不可能ではありません。
10月以降に着工して少々工期が遅れても、来年末までの入居なら15ヶ月あります。
工事契約が9月末を過ぎると控除期間は10年間となってしまいます(図のB)ので、これを機に控除期間13年の適用を目指して、計画を進めてみてはいかがでしょう。


※住宅ローン減税は、各種条件によって適用の可否、控除額などがことなります。事前に確認しましょう。

~住宅設備機器の選び方~


住宅設備機器やその部品の多くは、生産拠点が海外です。今回、新型コロナウィルス感染症の影響で海外の工場や物流が止まり、大きな影響を受けました。既に受注を開始した工場は多いそうですが、すべての商品について納品日まで確約されているわけではありません。
徐々に正常に戻ると期待していますが、医療の専門家の見解によると、第2波、第3波もあるとか。工事スケジュールがそうした時期と重ならないとも限りません。かといって、それを気にしていては前に進めませんよね。
住宅設備機器を選ぶ際には、万が一の場合の臨機応変な対応を念頭に以下のようなことに留意してみてはいかがでしょうか。

(ア) なぜ、その機器を選ぶのか、理由を記録しておきましょう。
例えば、優先したい機能、デザインなど。
どうしても選定しなおす必要が生じた場合、依頼先からの代替案の提案やあなた自身の検討がスムーズになります。


(イ) 万が一の場合に備えて2通りを考えておく。
例えば、メーカーが異なるものも別途に選んでおく、或いは、例えば洗面化粧台なら、ユニットで選ぶほかに、別途パーツごとに選んで造作等でセットアップする案も用意しておく、等。

もしかしたら、無駄に終わる作業かもしれませんが、こうした検討をする過程で、ご自身が本当に求めているものが何かを確かめることができます。

これからも先行きが見通せない面はあることでしょう。
「打てる手は打っておく」そのためにも「アンテナを張って情報を収集する」これが今の私たちにとって大切なことだと思うのです。
そして、こんな時だからこそ、家族との時間を有効に使って、新しい住まいでどんな暮らしがしたいかをじっくり話し合ってみてください。

住まいや暮らしのことについて、私たち住まいのナビゲーターによる相談もぜひご利用ください。

住まいのナビゲーター 
一級建築士 川道 恵子

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 金山 眞人さんの「改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その1」です。

これまでのナビコラムはこちらから!



同じカテゴリの記事

暮らしに色を取り入れてみませんか? その1

暮らしに色を取り入れてみませんか? その1

~食卓にもっと彩を~新型コロナの影響で、自宅で食事をする機会が増え、料理に変化が欲しいという方も多いのではないでしょうか?その中で、手間をかけず、色をプラスすることで、料理の腕が上がった気がするアイデアをご紹介します。色彩は、人の感情に影響を与え...

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その1

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その1

~なぜ今改正なの?・・・その理由と改正のポイント~2020年4月1日から、改正民法が施行されました!今回改正されたのは、民法の中でも「債権法」と呼ばれる、日常の契約行為=約束ごとに関しての基本的なルールを定めた部分が中心です。債権法は、明治29年に民法が...

日本の住まい 欧米の住まい その1

日本の住まい 欧米の住まい その1

「日本で生まれ育った私が10年以上に亘りアメリカとイギリスで暮らし住宅について感じたことを3回シリーズでお伝えします」~玄 関~明治以降、日本人の生活は欧米化しましたが、その中にあっても以前と変わらなかったのが「家の中では靴を脱いで生活する」という習...

使って便利実感!の住宅設備 その1

使って便利実感!の住宅設備 その1

~ビルトイン型食器洗浄機~紺屋の白袴、と申しましょうか、住宅の設計を仕事にしつつも、長年賃貸住宅住まいをしてきた当家ですが、一昨年空き家になった実家に戻ることになり、ようやく自分の住まいを設計するという機会を得ました。リフォームに際しては、今まで...

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その1

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その1

~古くて新しい!テレビ体操・BGMを探して~会社を辞めて独立してからも、家に居ると仕事モードになれず、無理をしてでも職住分離にこだわってきた私が、外出自粛に伴い初めて本格的在宅ワークを始めました。暮らしのなかの工夫や発見のあれこれを2回シリーズでご...