日本の住まい 欧米の住まい その1

日本の住まい 欧米の住まい その1

「日本で生まれ育った私が
10年以上に亘りアメリカとイギリスで暮らし
住宅について感じたことを3回シリーズでお伝えします」

~玄 関~

明治以降、日本人の生活は欧米化しましたが、その中にあっても以前と変わらなかったのが
「家の中では靴を脱いで生活する」という習慣です。
私たち日本人、家の中では靴を脱がないとリラックスはできませんよね。

日本の住まいの玄関には靴を脱ぐスペース「土間」があり、一段上がって床があります。
そして玄関ホールには下駄箱やシュークロゼット等の収納スペースが設けられています。
一方、欧米の住まいの玄関ホールは単なるエントランスで、日本のような収納スペースは
ほとんど設けられていません。
そのかわり、玄関まわりは思い思いに飾り付けてステキな空間に仕上げています。
欧米では単なるエントランスといえどもインテリアに力を入れているのです。

マンハッタンのアパートの玄関(室内側)

欧米の住まいの玄関には土間は無く、玄関ポーチと室内のフロアはほとんど同じ高さ。
風の強い日に玄関ドアを開けると、人と一緒に土埃や落ち葉が室内に入って来てしまう事が
しばしばありました。
靴のまま室内に入るのですから、多少の土埃もOKという感じでしょうか。

日本の場合、雨仕舞のこともあり玄関ドアは外開きが標準的ですが、欧米は内開きです。
靴を脱ぐ習慣のある私たちが欧米の住宅に住むと、玄関回りに脱いだ靴を所狭しと
並べることになり、そこへ玄関ドアが内側に開いて、ズラリと並んでいる靴が
はじき飛ばされて散乱する。その繰り返しでした。
「靴をしまう所が欲しい!」いつもそう思っていました。
では欧米人、どこに靴をしまうのでしょうか?
クロゼットの中に洋服やバックと一緒にキレイに収納している人が多かったです。
お出かけの時、全身のコーディネートを考えるには都合がいいですね。
帰宅して洋服を普段着に着替える時、靴も室内履きに履き替えるようです。

子供の靴はエントランスで脱がせる家庭が多く見られました。
子供たちの靴は外遊びで汚れていますからね。
室内で靴を脱ぐ習慣が羨ましい、と言われたことが何回もあります。
理由は汚れを室内に持ち込まないで済むからだそうです。
じゃあ、家の中に入る前に靴を脱いでしまえばいいのにと思ってしまいますが
「靴は衣服と同じく身に着けているべき物」なのでしょう。

日本は生活が欧米化していく中でも、家に上がる時には靴を脱ぎ続けました。
「よかった!」私はやはり靴は脱いで暮らしたい。
靴だけでなく外で使う物は家に上げない習慣のある日本です。
玄関まわりには、靴だけでなく、身の回りの物、外で使う物等の収納スペースは
きちんと確保して、スッキリした空間にしていたいですね。
それに加え、玄関は住まいの「顔」です。
欧米の住まいの様に「おかえりなさい&ようこそ」の気持ちが伝わってくるような
ステキなインテリアでお迎えしたいものです。
「日本の住まい 欧米の住まい その2」ではお風呂についてお伝えします。
お楽しみに♪

日本の住宅の玄関

住まいのナビゲーター 
一級建築士 松江 真理

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 川道 恵子さんの「自粛化で住まいづくりを進めるコツ」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

#暮らし#海外

同じカテゴリの記事

猫の額シリーズ その1

猫の額シリーズ その1

みなさま 失礼いたします。ナビゲーターの丸石と申します。狭い場所のことを指して、「猫の額ほどの・・」と言ったりします。ネットで「猫」と画像検索して彼らの顔をながめてみると、ふむふむ。。見る限り、そもそも「ひたい」という概念がなさそう。それ程、とる...

快適なリモートワークのためのインテリア

快適なリモートワークのためのインテリア

〜音を区切り集中しよう〜少し春の息吹も感じる様になってきましたが、未だコロナも猛威を奮っており、心配な日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?お子様がいらっしゃるご家庭では、休校やオンライン授業に再び切り替わり、ご家族ともにご自宅での時間が再び...

ペットと共に暮らす 水槽のある暮らし

ペットと共に暮らす 水槽のある暮らし

皆さんが住まいや暮らしに求めることはどんなことでしょう?「安心・安全」だったり、「安らぎ・癒し」など、求めることは多くあると思います。私にとっての住まいとは、毎日を共に過ごす家族と安らぎのある暮らしを得られることが重要なものとなっています。その暮...

名庭園を訪ねる その6

名庭園を訪ねる その6

~黒石・金平成園(澤成園)~青森県では近年、「大石武学流」と呼ばれる庭園の評価が高まっており、文化財にも次々指定・登録されている様子です。金山も2019年に建築家協会の弘前大会が開かれた折に何庭か拝見しましたが、中でも、最近整備が完了して面目を一...

机をつくる話

机をつくる話

みなさま 失礼いたします。ナビゲーターの丸石と申します。コロナ禍を経験してきて、世の中での働き方がかわりつつあります。その一つにテレワーク。自宅でのお仕事があげられるでしょうか。気合を入れて「さぁ、やるぞ。」となった場合に必要なのが、身を置く机と...

秋の庭から

秋の庭から

~炉開きの季節~里山の紅葉も最盛期を迎える頃、茶道では炉開きの季節。それに合わせた茶花も咲く頃。庭のモミジも色づいて紅葉の見ごろを迎えています。[caption id="attachment_10246" align="aligncenter" width="225"] 秋のはじまりを告げる 早咲きの椿 (セイ...