日本の住まい 欧米の住まい その1

日本の住まい 欧米の住まい その1

「日本で生まれ育った私が
10年以上に亘りアメリカとイギリスで暮らし
住宅について感じたことを3回シリーズでお伝えします」

~玄 関~

明治以降、日本人の生活は欧米化しましたが、その中にあっても以前と変わらなかったのが
「家の中では靴を脱いで生活する」という習慣です。
私たち日本人、家の中では靴を脱がないとリラックスはできませんよね。

日本の住まいの玄関には靴を脱ぐスペース「土間」があり、一段上がって床があります。
そして玄関ホールには下駄箱やシュークロゼット等の収納スペースが設けられています。
一方、欧米の住まいの玄関ホールは単なるエントランスで、日本のような収納スペースは
ほとんど設けられていません。
そのかわり、玄関まわりは思い思いに飾り付けてステキな空間に仕上げています。
欧米では単なるエントランスといえどもインテリアに力を入れているのです。

マンハッタンのアパートの玄関(室内側)

欧米の住まいの玄関には土間は無く、玄関ポーチと室内のフロアはほとんど同じ高さ。
風の強い日に玄関ドアを開けると、人と一緒に土埃や落ち葉が室内に入って来てしまう事が
しばしばありました。
靴のまま室内に入るのですから、多少の土埃もOKという感じでしょうか。

日本の場合、雨仕舞のこともあり玄関ドアは外開きが標準的ですが、欧米は内開きです。
靴を脱ぐ習慣のある私たちが欧米の住宅に住むと、玄関回りに脱いだ靴を所狭しと
並べることになり、そこへ玄関ドアが内側に開いて、ズラリと並んでいる靴が
はじき飛ばされて散乱する。その繰り返しでした。
「靴をしまう所が欲しい!」いつもそう思っていました。
では欧米人、どこに靴をしまうのでしょうか?
クロゼットの中に洋服やバックと一緒にキレイに収納している人が多かったです。
お出かけの時、全身のコーディネートを考えるには都合がいいですね。
帰宅して洋服を普段着に着替える時、靴も室内履きに履き替えるようです。

子供の靴はエントランスで脱がせる家庭が多く見られました。
子供たちの靴は外遊びで汚れていますからね。
室内で靴を脱ぐ習慣が羨ましい、と言われたことが何回もあります。
理由は汚れを室内に持ち込まないで済むからだそうです。
じゃあ、家の中に入る前に靴を脱いでしまえばいいのにと思ってしまいますが
「靴は衣服と同じく身に着けているべき物」なのでしょう。

日本は生活が欧米化していく中でも、家に上がる時には靴を脱ぎ続けました。
「よかった!」私はやはり靴は脱いで暮らしたい。
靴だけでなく外で使う物は家に上げない習慣のある日本です。
玄関まわりには、靴だけでなく、身の回りの物、外で使う物等の収納スペースは
きちんと確保して、スッキリした空間にしていたいですね。
それに加え、玄関は住まいの「顔」です。
欧米の住まいの様に「おかえりなさい&ようこそ」の気持ちが伝わってくるような
ステキなインテリアでお迎えしたいものです。
「日本の住まい 欧米の住まい その2」ではお風呂についてお伝えします。
お楽しみに♪

日本の住宅の玄関

住まいのナビゲーター 
一級建築士 松江 真理

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 川道 恵子さんの「自粛化で住まいづくりを進めるコツ」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

同じカテゴリの記事

暮らしに色を取り入れてみませんか? その1

暮らしに色を取り入れてみませんか? その1

~食卓にもっと彩を~新型コロナの影響で、自宅で食事をする機会が増え、料理に変化が欲しいという方も多いのではないでしょうか?その中で、手間をかけず、色をプラスすることで、料理の腕が上がった気がするアイデアをご紹介します。色彩は、人の感情に影響を与え...

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その1

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その1

~なぜ今改正なの?・・・その理由と改正のポイント~2020年4月1日から、改正民法が施行されました!今回改正されたのは、民法の中でも「債権法」と呼ばれる、日常の契約行為=約束ごとに関しての基本的なルールを定めた部分が中心です。債権法は、明治29年に民法が...

自粛下で住まいづくりを進めるコツ

自粛下で住まいづくりを進めるコツ

~支援制度の適用延長スケジュール~ 「住宅ローン減税、13年間控除適用の延長措置」借り入れで住宅を取得する場合に利用できる所得税の減税は、期間が10年間から13年間に延長されています。但し今年の年末までに入居できることが前提でした。このたび、新型コロナ...

使って便利実感!の住宅設備 その1

使って便利実感!の住宅設備 その1

~ビルトイン型食器洗浄機~紺屋の白袴、と申しましょうか、住宅の設計を仕事にしつつも、長年賃貸住宅住まいをしてきた当家ですが、一昨年空き家になった実家に戻ることになり、ようやく自分の住まいを設計するという機会を得ました。リフォームに際しては、今まで...

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その1

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その1

~古くて新しい!テレビ体操・BGMを探して~会社を辞めて独立してからも、家に居ると仕事モードになれず、無理をしてでも職住分離にこだわってきた私が、外出自粛に伴い初めて本格的在宅ワークを始めました。暮らしのなかの工夫や発見のあれこれを2回シリーズでご...