使って便利実感!の住宅設備 その1

使って便利実感!の住宅設備 その1

~ビルトイン型食器洗浄機~

紺屋の白袴、と申しましょうか、
住宅の設計を仕事にしつつも、長年賃貸住宅住まいをしてきた当家ですが、
一昨年空き家になった実家に戻ることになり、ようやく自分の住まいを設計する
という機会を得ました。
リフォームに際しては、今までお客様にお勧めしてきたり、ご要望があって設置したり
してきた住宅設備を実際に採用し、使ってみて、こんな便利なことがあるんだなと
改めて感じた点がありましたので、お伝えしてみたいと思います。

今回は、最近ではキッチンへのビルトインがほぼ標準になっている
「食器洗浄機(食洗器)」です。
食洗器には、幅が45㎝のものと60㎝のものの二種類がありますが、
お施主さんから特に要望がない限り、とある海外メーカーの幅60㎝タイプを
お勧めしてきました。
の食洗器には、お値段や設置の面でややハードルがあり、
使い勝手にも若干クセがあるのですが、お勧めして来た責任上、
がんばって自宅にも採用してみました。

流し台の左端に食洗器を配置しました

使ってみての感想ですが、やはりいい、の一言です()
当家は家族3人で、食洗器を廻すのは一日一回というペース、
鍋釜類も食洗器で洗いますので、60㎝タイプでも一杯になってしまうことも。
45㎝タイプだと、食器を入れるのに毎回パズルを解くようになってしまう、
という声を聴いていましたが、正に実感。
そこで時間を取られるのは便利家電としては本末転倒ですので、
「大は小を兼ねる」で正解でした。
・・・もっとも「みっちり入っていない食洗器を廻す」という罪悪感?
(実際には水量は食器の量によって自動で調整されます)に打ち勝つ必要はあります()
ただ、採用に当たっては注意点もありますので、そちらにも触れておきましょう。

まず、キッチンカウンター全体の長さ(間口)の問題です。
一般的にI型(*)のキッチンでは間口寸法を2m40㎝、あるいは2m55㎝とされることが
多いと思いますが、収納やシンク等のレイアウトとの兼ね合いを考えると、
2m40㎝ではバランスが悪くなりがちなので、注意が必要です。
私は間口2m70㎝で提案させて頂くことが多いです。
ちなみに我が家のキッチンはⅡ型(*)で、カウンター長さはシンク側が2m20㎝、
コンロ側が4m20㎝(!)です。

(*)キッチンレイアウトの例


流し台とコンロが分かれたⅡ型キッチン

 

使い勝手としては、扉が前にパタンと倒れるフロントオープン式のため、
通路幅に注意が必要です。

扉を開くとこのような状態になります

また、ヒーターによる乾燥機能が付いておらず、余熱での乾燥となるため、
お椀等の高台部分に水が溜まるという弱点がありますので、「カラッと乾く」ことを
重視される向きにはお勧めできません。

キッチンの設計には、こういった機器一つ一つの選択と全体のレイアウトが密接に
関わってきます。
逆に、機器の選定を考える中から、ご自身の家事スタイルや家族とキッチンのかかわりが
見えてくる部分もあります。
是非こだわって選んでみてくださいね!
「使って便利実感!の住宅設備 その2」では衣類乾燥機についてお伝えします。
お楽しみに。

住まいのナビゲーター 
一級建築士 金山 眞人

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 松江 真理さんの「日本の住まい欧米の住まい その1」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

 

同じカテゴリの記事

暮らしに色を取り入れてみませんか? その1

暮らしに色を取り入れてみませんか? その1

~食卓にもっと彩を~新型コロナの影響で、自宅で食事をする機会が増え、料理に変化が欲しいという方も多いのではないでしょうか?その中で、手間をかけず、色をプラスすることで、料理の腕が上がった気がするアイデアをご紹介します。色彩は、人の感情に影響を与え...

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その1

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その1

~なぜ今改正なの?・・・その理由と改正のポイント~2020年4月1日から、改正民法が施行されました!今回改正されたのは、民法の中でも「債権法」と呼ばれる、日常の契約行為=約束ごとに関しての基本的なルールを定めた部分が中心です。債権法は、明治29年に民法が...

自粛下で住まいづくりを進めるコツ

自粛下で住まいづくりを進めるコツ

~支援制度の適用延長スケジュール~ 「住宅ローン減税、13年間控除適用の延長措置」借り入れで住宅を取得する場合に利用できる所得税の減税は、期間が10年間から13年間に延長されています。但し今年の年末までに入居できることが前提でした。このたび、新型コロナ...

日本の住まい 欧米の住まい その1

日本の住まい 欧米の住まい その1

「日本で生まれ育った私が10年以上に亘りアメリカとイギリスで暮らし住宅について感じたことを3回シリーズでお伝えします」~玄 関~明治以降、日本人の生活は欧米化しましたが、その中にあっても以前と変わらなかったのが「家の中では靴を脱いで生活する」という習...

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その1

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その1

~古くて新しい!テレビ体操・BGMを探して~会社を辞めて独立してからも、家に居ると仕事モードになれず、無理をしてでも職住分離にこだわってきた私が、外出自粛に伴い初めて本格的在宅ワークを始めました。暮らしのなかの工夫や発見のあれこれを2回シリーズでご...