名庭園を訪ねる その3

名庭園を訪ねる その3

~奈良・平城宮跡東院庭園~   

その1、その2と、比較的新しい庭園を取り上げてきましたが、今回は、ぐっと時代を遡り、奈良時代の庭園の姿を今に伝える、「平城宮跡東院庭園」を取り上げます。と言っても、この庭園は平成に完成した復元庭園なので、多分、本連載で扱う、最古かつ最新の庭園、ということになろうかと思います。

日本の庭園史を紐解くと、「庭園文化は、飛鳥時代に仏教伝来と共に中国から輸入され、当初は矩形の池を持っていたが、平安期以降、自然の風景を主題とした曲線を持った形状に変化して行った」と云ったことが書かれています。ただ、飛鳥・奈良時代の庭園で現存するものはなく、以前は文献でその姿を推測するのみでした。ですから、昭和42年に平城京跡の発掘調査で、奈良時代に作庭された東院庭園の遺構が発見されたことは、大ニュースだったのではないでしょうか。

本庭園の復元事業は、遺構確認後、昭和56年に復元に向けての基本構想が纏められ、平成10年に整備が完成するという、息の長いプロジェクトとなりましたが、その過程で、奈良時代に一度大規模な改造があったことが判明したそうです。今回の復元では、大改造以降の、奈良時代後半の姿を再現しているとのことですが、護岸や石組み、建物といった、比較的痕跡が残りやすい、堅固な構築物だけではなく、植栽についても、色々な手法を駆使して往時の復元が目指されています。

こういった本庭園の意義や復元手法については、庭園に併設されているガイダンス施設(西建物と呼ばれる復元建築を活用)で学ぶことができますが、その徹底した探求には圧倒されるものがあります。・・・と書くと、何やら面白みがなさそうな印象が先行してしまいそうですが、さにあらず。この復元庭園は、造形的にも優れた感覚を備えて作庭されていて、学術的復元からついイメージされてしまう「かたくるしさ」「無味乾燥さ」とは別次元の完成度を備えています。後世の浄土式庭園や池泉回遊式に繋がる、日本的な庭園感性の始原を示す、という重要性だけでなく、庭園そのものが持つ魅力、即ち変化に富んだ曲線によって形作られる水面、美しい護岸を描く洲浜、たおやかな流れの曲水、そして、庭の焦点を引き締める石組、といった多様な要素が素直に楽しめる庭園です。

東院庭園は、天皇の遊興や儀式に使われた、迎賓館的な施設だったとのこと。中国的にも感じる朱塗りの建造物と、それに付かず離れず絡まる複雑な曲線のコンビネーションに、往時の宮中絵巻を思い浮かべながら、時空を超えた名庭園を堪能するのもまた、一興ではないでしょうか。

 〔基本情報〕
住所:奈良市法華寺町480
近鉄「大和西大寺」駅 徒歩30分、ぐるっとバス「宮跡庭園」バス停 徒歩12分

見学:可

住まいのナビゲーター 
一級建築士 金山 眞人 

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 丸石 隆行さんの「新しい電動工具に買い換えました」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

#庭園

同じカテゴリの記事

暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

~北欧の自然を感じるアアルトのデザイン~ヘルシンキに向かう飛行機の中から見下ろすと、森と点在する湖の美しい景色が広がり、スケール感も色彩も調和する都市が見えてきます。「暮らしに色を取り入れてみませんか?その5」で紹介した建築家アルバ・アアルトと、妻...

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

注記:執筆は6月中旬です  6月は、初夏のようなお天気が続いていますね。そろそろ、梅雨入りでしょうか。我が家の庭には紫陽花も咲いて、恵みの雨を待っているところです。[caption id="attachment_10085" align="aligncenter" width="241"] アジサイ[/caption]こ...

WEB住宅ローン利用増加に思う

WEB住宅ローン利用増加に思う

インターネットを利用した住宅ローンの申し込みや審査は、店舗を持たないネット銀行や住宅ローン専門会社が取り扱いを始め、さらに大手銀行との提携による代理業務や定額自動振替サービスによって返済への資金移動を可能にするなど、その関係を強化して拡充させてき...

性能と住み心地、住まいのバランス

性能と住み心地、住まいのバランス

皆さんが家に求めることはどんなことでしょう?コロナ禍で、週末なども家で過ごすことが多くなったと思います。そのことで、健康を維持しながら快適に暮らすことが、これからの住まいには求められているようです。私は、77歳という高齢の親を抱えていますが、外出を...

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

~北欧の建築家アアルトに学ぶ心地よい住まい~   最近、家での暮らしに関心を持つ人が増えたように思います。住み心地のよさでまず思い浮かぶのは、北欧で最も人気のあるフィンランドの建築家アルヴァ・アアルトです。1936年に建てられた彼の自邸は、デザインの美...

名庭園を訪ねる その4

名庭園を訪ねる その4

~平泉・毛越寺浄土庭園~   平安時代末期、奥州に栄えた藤原氏による一大仏教都市・平泉は、古くからあの「中尊寺金色堂」(1128年築?)の眩く怪しい黄金の輝きで、日本人の歴史ロマンを誘ってきました。当時建造された、中尊寺や毛越寺(もうつうじ)を始めと...