日本の住まい 欧米の住まい その2

日本の住まい 欧米の住まい その2

「日本で生まれ育った私が
10年以上に亘りアメリカとイギリスで暮らし
住宅について感じたことを3回シリーズでお伝えしています。
今回はお風呂について…」

~お 風 呂~


欧米スタイルのお風呂と日本のお風呂の違いは、皆さん良くご存じですよね。
欧米のバスルームはお風呂とトイレと洗面の3つが一緒になっています。トイレだけというレストルーム(トイレット)はありますが、お風呂だけというのはあまり見かけません。バスタブの中でシャワーを浴びるのが欧米スタイル。バスタブも浅めなので、お湯を張っても肩まで浸かってゆっくり暖まる感じではありません。洗い場で体を洗い、浴槽にたっぷりお湯を張ってザブンと浸かる和風のお風呂。私は何年欧米で暮らしても、ずっと日本のお風呂が恋しかったです。きれいな水に恵まれた日本だからこそ、このお風呂文化が培われてきたのですね。

日本のお風呂 ユニットバス


このお風呂事情、もう一つ大きく違う事があります。欧米の住宅は、1ベットルームに1バスルーム。各寝室にはそれぞれバスルーム(トイレとお風呂もしくはシャワー)が付いているのです。2つの部屋の間に共有の一つのバスルームという子供部屋もありますし、バスルームのない寝室もありますが、基本的には寝室はバスルーム付きです。

バスタブにシャワーの付いた
欧米のお風呂


このバスルーム付きの寝室、住んでみると効率が良くてなかなか使い勝手がいいですよ。あちこち歩き回らなくても寝室の中だけで身支度が完結できます。外出前の忙しいひと時、とても便利でした。

さらに最近、特に注意しなくてはいけないと言われている「ヒートショック」(注)という点から考えてみると、寝室の中にお風呂やトイレがあれば、冬の夜にも暖かい寝室から寒い廊下へ出なくても済みます。欧米のバスルーム付きの寝室はヒートショック対策が取られているスタイルなのですね。

とはいえ日本の住まい、2つ以上のトイレがあるとしても、お風呂は1つが標準的です。ですから、せめて寝室のすぐそばにお風呂やトイレを配置して頂きたいと思います。

お風呂やトイレと寝室のアクセスを良くする事と並んで、ヒートショック対策に欠かせないのが住宅の断熱性能の充実です。熱の出入りが一番大きい窓廻りは、ペアガラスにしたり、二重サッシにする。断熱材でスッポリお家をくるんで家中を暖かくする。断熱性能をアップさせ、ヒートショックの心配が少ない快適な暮らしをして頂きたいですね。

次回「日本の住まい 欧米の住まい その3」では窓についてお話します。
お楽しみに!

注)ヒートショック:冬の寒い日に暖かい部屋から寒い廊下へ出るなど、急激な温度変化により血圧の乱高下などが起こってしまう危険な状況の事。

住まいのナビゲーター 
一級建築士 松江 真理 

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 亀井 真理さんの「暮らしに色を取り入れてみませんか? その2」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

同じカテゴリの記事

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

注記:執筆は6月中旬です  6月は、初夏のようなお天気が続いていますね。そろそろ、梅雨入りでしょうか。我が家の庭には紫陽花も咲いて、恵みの雨を待っているところです。[caption id="attachment_10085" align="aligncenter" width="241"] アジサイ[/caption]こ...

WEB住宅ローン利用増加に思う

WEB住宅ローン利用増加に思う

インターネットを利用した住宅ローンの申し込みや審査は、店舗を持たないネット銀行や住宅ローン専門会社が取り扱いを始め、さらに大手銀行との提携による代理業務や定額自動振替サービスによって返済への資金移動を可能にするなど、その関係を強化して拡充させてき...

性能と住み心地、住まいのバランス

性能と住み心地、住まいのバランス

皆さんが家に求めることはどんなことでしょう?コロナ禍で、週末なども家で過ごすことが多くなったと思います。そのことで、健康を維持しながら快適に暮らすことが、これからの住まいには求められているようです。私は、77歳という高齢の親を抱えていますが、外出を...

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

~北欧の建築家アアルトに学ぶ心地よい住まい~   最近、家での暮らしに関心を持つ人が増えたように思います。住み心地のよさでまず思い浮かぶのは、北欧で最も人気のあるフィンランドの建築家アルヴァ・アアルトです。1936年に建てられた彼の自邸は、デザインの美...

名庭園を訪ねる その4

名庭園を訪ねる その4

~平泉・毛越寺浄土庭園~   平安時代末期、奥州に栄えた藤原氏による一大仏教都市・平泉は、古くからあの「中尊寺金色堂」(1128年築?)の眩く怪しい黄金の輝きで、日本人の歴史ロマンを誘ってきました。当時建造された、中尊寺や毛越寺(もうつうじ)を始めと...

新しい電動工具に買い換えました

新しい電動工具に買い換えました

みなさま。はじめてのコラムを担当させていただきます丸石と申します。どうぞよろしくお願いいたします。ここ東京は未だ緊急事態宣言のただ中ですが、我が家で飼っている文鳥たちの食欲が旺盛になってきているのを見ていて、春も近づいてきているのではないか、と感...