改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その2

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その2

~瑕疵から契約不適合へ~   

耳慣れない言葉ですが、住宅に不具合等があった際に、「瑕疵(かし)がある」といった言い方をします。「瑕疵」はもともとは法律的用語で「欠陥」に近い意味ですが、今回の民法改正で「瑕疵」が「契約不適合」に変わり、民法からその言葉がなくなりました。では、そもそも瑕疵とはどういう意味だったのでしょうか?

従来の解説では、瑕疵とは「通常有すべき性能を有さないこと」とされていました。ちょっとわかりにくい言い回しですが、その内容としてまず考えられるのは、「契約内容に適合していないこと」でしょうか。契約と違う建物=瑕疵がある建物、というのは分かりやすいですね。ただ、ここで困るのは、実社会では「どういう建物を建てるか」「どういう建物を売買するか」ということが曖昧なまま、契約に至っている事例が、ままあることです。契約内容が曖昧だと、もし何か問題が発生した場合に「契約に適合していない」とは言いにくいかもしれません。ただ、「通常有すべき性能」という観点からは、契約書には明示されていなくても、社会通念と比べてあまりにも性能が低かったり、工事が粗雑であったりすれば、瑕疵と判断される可能性がありますし、明らかな施工ミスや手抜き工事、建築基準法等の関係法令への違反も通常とは言い難いですから、瑕疵と判断される可能性が高いと考えられていました。

では、この「瑕疵」が「契約不適合」に置き換わった場合、どうなるのでしょうか。契約に書かれていないことは契約不適合とは言い難いので、ますます契約内容の明確化が求められる、との見解があります。これは改正民法からの要求と言うだけでなく、現代社会における自然な流れとも言え、住宅レベルでも、詳細な設計図書を作成することが求められることになります。ただ、例え契約書に明記されていなくても、社会通念上当然とされることを広い意味で「契約内容」と捉えることも可能ですから、前述の二点目、三点目に関しても契約不適合と捉えることが可能となり、結局現在の瑕疵判断と大きく異なることはないだろう、との考えも有力です。

こういった点は、今後実務の中で明らかになっていくと思われますが、契約内容を明確化しておくことは、なによりの「転ばぬ先の杖」となります。契約に先立ち、その内容を明確化できる詳細な設計図書(図面と仕様書)を揃えるのは、本来的には専門家である事業者の責任であるべきですが、住宅取得者からも、是非、その準備をするように働きかけて下さい。
(その3 ~住宅の請負契約、どこが変わる?~ につづく)


(注記)

本コラムは、建築士の立場から見た改正民法の住まいづくりへの影響について、個人的見解をお話しているものです。改正民法や契約などの詳細については、弁護士等の法律専門家にご相談くださいますようお願い致します。

住まいのナビゲーター 
一級建築士 金山 眞人

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 松江 真理さんの「日本の住まい 欧米の住まい その2」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

#契約#民法

同じカテゴリの記事

机をつくる話

机をつくる話

みなさま 失礼いたします。ナビゲーターの丸石と申します。コロナ禍を経験してきて、世の中での働き方がかわりつつあります。その一つにテレワーク。自宅でのお仕事があげられるでしょうか。気合を入れて「さぁ、やるぞ。」となった場合に必要なのが、身を置く机と...

秋の庭から

秋の庭から

~炉開きの季節~里山の紅葉も最盛期を迎える頃、茶道では炉開きの季節。それに合わせた茶花も咲く頃。庭のモミジも色づいて紅葉の見ごろを迎えています。[caption id="attachment_10246" align="aligncenter" width="225"] 秋のはじまりを告げる 早咲きの椿 (セイ...

名庭園を訪ねる その5

名庭園を訪ねる その5

~京都・西芳寺庭園~別名「苔寺」として知られる西芳寺の庭園は、日本の庭園美を代表する庭と言えましょう。ところが、この庭園は、創建時は現在の詫びた風情とは全く異なる、明るく華やかな池泉式回遊庭園だった、というと、多くの方は驚かれるのではないでしょう...

暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

~北欧の自然を感じるアアルトのデザイン~ヘルシンキに向かう飛行機の中から見下ろすと、森と点在する湖の美しい景色が広がり、スケール感も色彩も調和する都市が見えてきます。「暮らしに色を取り入れてみませんか?その5」で紹介した建築家アルバ・アアルトと、妻...

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

注記:執筆は6月中旬です  6月は、初夏のようなお天気が続いていますね。そろそろ、梅雨入りでしょうか。我が家の庭には紫陽花も咲いて、恵みの雨を待っているところです。[caption id="attachment_10085" align="aligncenter" width="241"] アジサイ[/caption]こ...

WEB住宅ローン利用増加に思う

WEB住宅ローン利用増加に思う

インターネットを利用した住宅ローンの申し込みや審査は、店舗を持たないネット銀行や住宅ローン専門会社が取り扱いを始め、さらに大手銀行との提携による代理業務や定額自動振替サービスによって返済への資金移動を可能にするなど、その関係を強化して拡充させてき...