暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

~北欧の建築家アアルトに学ぶ心地よい住まい~   

最近、家での暮らしに関心を持つ人が増えたように思います。住み心地のよさでまず思い浮かぶのは、北欧で最も人気のあるフィンランドの建築家アルヴァ・アアルトです。1936年に建てられた彼の自邸は、デザインの美しさだけでなく、光や風の取り入れ方などの基本的な住まいの性能と使いやすさ、さらに家族の幸福感を満たすような設計となっています。基調の白に自然の素材の温かな色合いを加えたコーディネート、シェードから漏れる光が美しい照明、滑らかな曲線で明るい木の色の家具など、日本の住まいに取り入れやすいヒントがたくさんあります。
では、ヘルシンキ郊外、湖にもほど近い緑豊かな住宅地にあるアアルト邸にご案内しましょう。

外観は、思いのほかこじんまりしていて、白く石灰で塗装されたレンガと濃い茶色の木の板で環境に馴染んでいます。

◇ 1階 パブリックゾーン
(アトリエ、リビングダイニングなど来客時も使う空間)

アトリエの引き戸を開けると、ダイニングへと続くリビングがあります。
この2部屋では、天井まである大きな窓の光を植物性の簾で調節し、端の細長い窓で換気します。夜のリビングは、暖炉と低い位置に下げたペンダント、スタンドの組み合わせで、昼夜で全く違う光の美しさを楽しめそうです。ゼブラ柄の椅子、飾られている絵がアクセントになっています。

アトリエからリビング方向


ダイニングの壁に貼られているのはジュート麻。旅行先のイタリアで購入したダイニングチェア、深い赤色のペンダントとのコーディネートは、ナチュラルで温かです。

ダイニング

ダイニング収納は、収納部分とドアが一体になったデザインです。
収納する物を想定して計画された、使いやすそうな家具です。引き戸の採用、棚板の色、床のフローリングの貼り方等隅々まで細やかな設計です。

ダイニング収納

アトリエから5段ほど階段を上がったところに書斎があります。
レンガ模様のカーテンとグレーのカーペットのコーディネートで、空間に適度なリズムを与えています。

書斎

◇ 2階 プライベートゾーン

暖炉のあるファミリールームを中心として、寝室、個室、ゲストルームが配置されています。寒い冬、寝る前に家族の距離が縮まり,和やかに歓談している様子が思い浮かべられます。植物は、壁を這わせるナチュラルな飾り方です。

ファミリールーム

寝室は、イエローとブルーのコーディネート。自然素材のヘッドボードとシェードランプの白熱電球のオレンジがかった光で、温かさが増します。

寝室

個室は、樹木の見える大きな窓からの光と薄いブルーの壁が清々しい印象です。窓に面したテーブルと窓枠の木の色が、優しく落ち着いています。

個室

見てきたように、各部屋は、誰がどのように過ごしたいかに合わせて素材と色彩が決められています。思い出の品々を大切に使い、光と植物で自然を室内に取り込みながらの、心の豊かな暮らしが見えてきませんか?

 

住まいのナビゲーター 
一級建築士 亀井 真理 

次回のナビコラムは小林 輝子さんの「性能と住み心地、住まいのバランス」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

#北欧#建築家#暮らし#色

同じカテゴリの記事

暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

~北欧の自然を感じるアアルトのデザイン~ヘルシンキに向かう飛行機の中から見下ろすと、森と点在する湖の美しい景色が広がり、スケール感も色彩も調和する都市が見えてきます。「暮らしに色を取り入れてみませんか?その5」で紹介した建築家アルバ・アアルトと、妻...

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

注記:執筆は6月中旬です  6月は、初夏のようなお天気が続いていますね。そろそろ、梅雨入りでしょうか。我が家の庭には紫陽花も咲いて、恵みの雨を待っているところです。[caption id="attachment_10085" align="aligncenter" width="241"] アジサイ[/caption]こ...

WEB住宅ローン利用増加に思う

WEB住宅ローン利用増加に思う

インターネットを利用した住宅ローンの申し込みや審査は、店舗を持たないネット銀行や住宅ローン専門会社が取り扱いを始め、さらに大手銀行との提携による代理業務や定額自動振替サービスによって返済への資金移動を可能にするなど、その関係を強化して拡充させてき...

性能と住み心地、住まいのバランス

性能と住み心地、住まいのバランス

皆さんが家に求めることはどんなことでしょう?コロナ禍で、週末なども家で過ごすことが多くなったと思います。そのことで、健康を維持しながら快適に暮らすことが、これからの住まいには求められているようです。私は、77歳という高齢の親を抱えていますが、外出を...

名庭園を訪ねる その4

名庭園を訪ねる その4

~平泉・毛越寺浄土庭園~   平安時代末期、奥州に栄えた藤原氏による一大仏教都市・平泉は、古くからあの「中尊寺金色堂」(1128年築?)の眩く怪しい黄金の輝きで、日本人の歴史ロマンを誘ってきました。当時建造された、中尊寺や毛越寺(もうつうじ)を始めと...

ドイツでの暮らしを通して その1

ドイツでの暮らしを通して その1

こんにちは。住まいのナビゲーターの佐藤摂子です。2017年から2019年にかけて、家族とともに住んでいたドイツでの暮らしについてご紹介したいと思います。コロナ禍で簡単に行き来できなくなってしまった今、とても貴重な時間でした。暮らしを通してドイツのライフス...