改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その4

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その4

~住宅の売買契約、どこが変わる?~

戸建て・マンションを問わず、新築の分譲住宅や中古住宅を購入する際の契約を「売買契約」と言いますが、こちらについてはどのような変更があったのでしょうか。まず、「隠れたる瑕疵」が「契約不適合」に変わり、「隠れたる」という言葉が無くなりました。ただ、住宅の不具合の多くは引渡し時点では隠れていることがほとんどで、傷や汚れと言った、隠れているとは言い難い不備に気が付かなかったような場合を除き、問題になることは殆どありませんでしたから、実務的な影響は少ないと思われます。

 売主に問える責任の内容も変わりました。旧民法では、買主は瑕疵に対して損害賠償請求と契約解除請求しかできないとさていましたが、改正民法では、契約不適合に対して、上記に加え、追完(修理をして完成させる)請求と代金減額請求も可能となりました。ただ、不動産取引の実務においては、契約解除のハードルは高く、また、損害賠償請求は双方にとって現実的でないため、アフターサービス基準により補修を行うことを約しておき、賠償に替えることで対応をしてきました。今回の改正で追完請求権が加わったことで、民法上の権利として改めてこの補修対応が確認されたことになりますね。なお、代金減額請求は、数量に契約不適合がある場合は合理的ですが、こと住宅、建築物の契約不適合に関しては馴染みにくいと考えられているようです。

 それでは、権利行使期間の変更はどうでしょうか。実は、旧民法の「瑕疵の存在を知ってから1年」との規定は、瑕疵を知るまでの期間についての制限がないことから、現実的でないと考えられてきました。そこで、宅建業法では、「宅建業者は瑕疵担保期間を引渡しから2年未満としてはならない(新築住宅における、構造と雨漏りに係わる不具合を除く)」旨を定めることにより、宅建業者が売主の場合(新築住宅の場合はほぼ宅建業者が売主です)は、実質的に引渡し(=権利行使できる時)から2年という瑕疵担保期間を標準化してきました。この構成は民法改正後も引き継がれますので、新しく整理された消滅時効の「知った時から5年、行使できる時から10年」が適用されるケースは少ないと考えられます。

 なお、中古住宅の場合、所有者個人が売主となり、宅建業者は仲介業務のみを取り扱うことがほとんどです。個人売主の場合、瑕疵担保責任を負わない、あるいは負っても3か月程度という契約が多く(宅建業者が売り主の場合は、中古でも2年)、この点は改正民法でも変わりません。そこで、特に構造や雨漏りに関する不具合といった、住宅の基本にかかわる部分については、事前に重要事項説明書等で状況を確認しておくことが必要です。個人売主の場合、引き渡し後の責任追及が実質的に困難な場合もありますので、事前のインスペクション等により購入する中古住宅の状況を把握し、契約内容を詰めることの大切さを改めて認識したいところです。



(注記)

本コラムは、建築士の立場から見た改正民法の住まいづくりへの影響について、個人的見解をお話しているものです。改正民法や契約などの詳細については、弁護士等の法律専門家にご相談くださいますようお願い致します。

住まいのナビゲーター 
一級建築士 金山 眞人

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 亀井 真理さんの「暮らしに色を取り入れてみませんか? その3」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

同じカテゴリの記事

暮らしに色を取り入れてみませんか その3

暮らしに色を取り入れてみませんか その3

~夏の色~インテリア雑誌を見ると、家具のほかに絵画、小物、グリーンなどが配置され、空間に個性があり惹きつけられます。テクニックで言えば、フォーカルポイントという自然に目のいく場所を巧みに作っています。インテリアを考えるときに、この焦点となるポイント...

password protected test

password protected test

本格的在宅ワークを始めた私の工夫のあれこれ その2です。~コンパクト化で部屋が広くなった件・気軽にたっぷり花を飾る~  ◇コンパクト化で部屋が広くなった件Fax付電話を十数年ぶりに買い替えて驚きました。なんと体積が半分になっているではないかっ! 在宅ワ...

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その2

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その2

本格的在宅ワークを始めた私の工夫のあれこれ その2です。~コンパクト化で部屋が広くなった件・気軽にたっぷり花を飾る~  ◇コンパクト化で部屋が広くなった件Fax付電話を十数年ぶりに買い替えて驚きました。なんと体積が半分になっているではないかっ! 在宅ワ...

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その3

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その3

~住宅の請負契約、どこが変わる?~新築、リフォームに限らず、「住まいづくり」の工事を依頼する場合、住宅事業者と「請負契約」を締結することになります。請負契約は「有償契約」という、対価性のある契約の一種ですが、今回の改正民法では、売買契約を有償契約...

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その2

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その2

~梅雨から初夏(6月・7月)~[caption id="attachment_9536" align="aligncenter" width="300"] 庭のある家づくり[/caption]梅雨入りしましたね。朝からしとしと降る雨が梅雨らしさを感じさせます。雨の日はお部屋の中も暗くなりがちなので、外からの景色を取り込む...

名庭園を訪ねる その1

名庭園を訪ねる その1

~京都・東福寺本坊庭園~古今東西、名園と言われる庭園はあまたございまして、また、それらを解説した書籍やHPもまた、あまたございます。そんな中、今回庭園には素人であるにもかかわらず大胆にも「趣味は庭園巡り」と称している私が、当コラム担当として、庭園巡り...