名庭園を訪ねる その1

名庭園を訪ねる その1

~京都・東福寺本坊庭園~

古今東西、名園と言われる庭園はあまたございまして、また、それらを解説した書籍やHPもまた、あまたございます。そんな中、今回庭園には素人であるにもかかわらず大胆にも「趣味は庭園巡り」と称している私が、当コラム担当として、庭園巡りをナビゲートさせて頂くことになりました。
と言う次第ですので、本連載には、私が苦手な花木に関係する話はほとんど出て参りません。また、神仙思想やら、亀石がどうした、といった蘊蓄話も、馬脚を現さないよう、最低限にしたいと思います。
では、そんな私がなぜ庭園巡りにはまってしまったのか、というと、昭和の大作庭家・重森三玲(18961975)の、とある作品とのかかわりがきっかけ、ということになります。
そこで、本連載は、その三玲の出世作である「東福寺本坊庭園(八相の庭)」からスタートさせて頂きたいと思います。よろしくお付き合いくださいませ。

 東福寺には、塔頭も含め、三玲が手掛けた庭が多くあるのですが、そのきっかけとなったのがこの本坊庭園(旧来は「方丈庭園・八相の庭」と言われていましたが、2014年に国の名勝に指定された際に、「本坊庭園」に改めたそうです)です。本庭園は方丈を囲む四つの庭からなりますが、「日本庭園」「枯山水」と言うには大胆でモダンな造形のこの庭園、作庭が1939年、昭和の時代だと聞くと、みなさまどのような感想を持たれるでしょうか?「枯山水というには新しい」と思われるか、はたまた「80年も前なのに、モダンな感覚だ」と思われるか、如何でしょうか??

三玲は「永遠のモダン」を唱えて作庭に取り組んだことで知られますが、そこでのモダンの意味は、常に現代性・同時代性を失わない、その造形精神にあったかと思います。ところで、東福寺以降の三玲の作庭は、「石を立てる」、その大胆で、時に荒々しいまでもの造形性が魅力となっていきます。その観点から見ると、本庭園の四つの庭の中でもっとも大規模な方丈正面、南庭での作法は、確かにその原点であるように思えます。ただ、本庭園には、それとは少し異なった魅力もあるように思います。

特に苔により市松模様を描き出した北庭は、とても分かりやすい形で伝統とモダンの融合を提示したことで、三玲の代表作として広く知られることになりましたが、ここでは強い造形性は影を潜めています。方丈の四周に庭を配すことは珍しいそうですが、廃材利用と言う制約はあったにせよ、ある意味「余白」に力まずに作庭したことが、通俗に堕しかねない、「市松」という際どいボキャブラリーを用いつつも、すがすがしい、まさに「永遠のモダン」な庭園デザインへの昇華に繋がったのかもしれません。

 〔基本情報〕
所在地:京都市東山区本町15丁目778
アクセス:JR・京阪電車「東福寺」駅 徒歩約10分、京阪電車「鳥羽街道」駅 徒歩約8分

見学:可

住まいのナビゲーター 
一級建築士 金山 眞人 

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 小林 輝子さんの「暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その2」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

 

同じカテゴリの記事

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その2

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その2

本格的在宅ワークを始めた私の工夫のあれこれ その2です。~コンパクト化で部屋が広くなった件・気軽にたっぷり花を飾る~  ◇コンパクト化で部屋が広くなった件Fax付電話を十数年ぶりに買い替えて驚きました。なんと体積が半分になっているではないかっ! 在宅ワ...

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その3

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その3

~住宅の請負契約、どこが変わる?~新築、リフォームに限らず、「住まいづくり」の工事を依頼する場合、住宅事業者と「請負契約」を締結することになります。請負契約は「有償契約」という、対価性のある契約の一種ですが、今回の改正民法では、売買契約を有償契約...

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その2

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その2

~梅雨から初夏(6月・7月)~[caption id="attachment_9536" align="aligncenter" width="300"] 庭のある家づくり[/caption]梅雨入りしましたね。朝からしとしと降る雨が梅雨らしさを感じさせます。雨の日はお部屋の中も暗くなりがちなので、外からの景色を取り込む...

日本の住まい 欧米の住まい その3

日本の住まい 欧米の住まい その3

「日本で生まれ育った私が10年以上に亘りアメリカとイギリスで暮らし住宅について感じたことを3回シリーズでお伝えしています。今回は窓について…」~窓~四季があり温暖で湿潤な気候風土の日本は、屋外の自然を上手に室内に取り込むことにより、快適に暮らすノウハ...

使って便利実感!の住宅設備 その2

使って便利実感!の住宅設備 その2

~ガス式衣類乾燥機~いつの間にかご家庭の電気洗濯機の主流が、縦型から、乾燥機能付きのドラム式に変わってきました。浴室乾燥機の普及もあって、洗濯物の乾燥をどこでどうやるか、の選択の幅が広がってきています。その中で、仕上がり感の良さなどから評価が高い...

配偶者居住権入門

配偶者居住権入門

今年4月1日に施行されたばかりの「配偶者居住権」 今回は、ほんの入口をできるだけ簡単にまとめてみます。1.配偶者居住権とは『被相続人(亡くなった人)と一緒に住んでいた配偶者が、終生、自宅に住み続けることができる権利』です。2.制度創設の背景にある社会...