使って便利実感!の住宅設備 その2

使って便利実感!の住宅設備 その2

~ガス式衣類乾燥機~

いつの間にかご家庭の電気洗濯機の主流が、縦型から、乾燥機能付きのドラム式に変わってきました。浴室乾燥機の普及もあって、洗濯物の乾燥をどこでどうやるか、の選択の幅が広がってきています。その中で、仕上がり感の良さなどから評価が高いにもかかわらず、案外使っている方に出会わないのが、ガス式の独立型衣類乾燥機です。
ガス乾燥機が二の足を踏まれる理由としては、ガスコンセントの新設や排湿筒用の穴開けなど、建物本体に係わる工事が必要なこと、家電量販店でも扱っている店舗が限られるなど、同じ独立型の乾燥機でも、コンセントがあれば設置できる電気式と比べ、面倒な印象があるからでしょうか。とすれば、新築やリフォームは、ガス乾燥機の導入するにはちょうど良いタイミング!、当家には元からガスコンセントと排湿筒用のスリーブがあったので、なおさらです。

乾燥機上部の排湿筒から湿気を排出します

ということで、早速ガス乾燥機を導入することにしたのですが、当家では「業務用」の機種を選定したので、ガス供給会社系のリフォーム会社から購入することにしました。「業務用」を選択したのは、当時家庭用の同容量(5キロ)の機種には、あまり必要性を感じない機能がついていて割高感があったこと、前面扉に窓が付いていなかったことが理由なのですが、「業務用」といっても家庭でも普通に使えるもの、製品の供給元でもあるガス会社の系列だと、こういった点もよく理解しており、安心でした。

必要な機能のみで使いやすい!


さて、導入した結果ですが、もうこれは「圧倒的に便利」としか言いようがありません。
とにかく乾燥が早く、次の洗濯が終わる前には終わってしまいますので、ストレスがありません。これは、乾燥中には洗濯ができない乾燥機能付きの洗濯機とは当然比べるまでもないのですが、同じ独立型の電気乾燥機と比べても明らかなアドバンテージで、一日に何回か続けて洗濯・乾燥をしたい、というご家庭はこれ一択だと思います。
今回のリフォームで新たに設置した住宅設備のなかで、食器洗浄機が家族の一番の「買ってよかった」になるのでは、と予想していたのですが、蓋を開けてみると「断然ガス乾燥機」というのが一致した意見になりました。

もう一つガス式の優れていることは、排湿筒があり、湿気が確実に屋外に排出されることです。排湿筒がない電気式では、湿気が屋内に放出されてしまうことも。最近の電気式では対策が取られている機種もありますので、乾燥性能とのバランスなど、よく調べて機種を選定することが大切になります。

住まいのナビゲーター 
一級建築士 金山 眞人 

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 松江 真理さんの「日本の住まい 欧米の住まい その3」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

 

 

 

同じカテゴリの記事

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その2

おひとりさまシニアの在宅ワーク体験記 その2

本格的在宅ワークを始めた私の工夫のあれこれ その2です。~コンパクト化で部屋が広くなった件・気軽にたっぷり花を飾る~  ◇コンパクト化で部屋が広くなった件Fax付電話を十数年ぶりに買い替えて驚きました。なんと体積が半分になっているではないかっ! 在宅ワ...

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その3

改正民法と住まいに関わる契約の注意点 その3

~住宅の請負契約、どこが変わる?~新築、リフォームに限らず、「住まいづくり」の工事を依頼する場合、住宅事業者と「請負契約」を締結することになります。請負契約は「有償契約」という、対価性のある契約の一種ですが、今回の改正民法では、売買契約を有償契約...

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その2

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その2

~梅雨から初夏(6月・7月)~[caption id="attachment_9536" align="aligncenter" width="300"] 庭のある家づくり[/caption]梅雨入りしましたね。朝からしとしと降る雨が梅雨らしさを感じさせます。雨の日はお部屋の中も暗くなりがちなので、外からの景色を取り込む...

名庭園を訪ねる その1

名庭園を訪ねる その1

~京都・東福寺本坊庭園~古今東西、名園と言われる庭園はあまたございまして、また、それらを解説した書籍やHPもまた、あまたございます。そんな中、今回庭園には素人であるにもかかわらず大胆にも「趣味は庭園巡り」と称している私が、当コラム担当として、庭園巡り...

日本の住まい 欧米の住まい その3

日本の住まい 欧米の住まい その3

「日本で生まれ育った私が10年以上に亘りアメリカとイギリスで暮らし住宅について感じたことを3回シリーズでお伝えしています。今回は窓について…」~窓~四季があり温暖で湿潤な気候風土の日本は、屋外の自然を上手に室内に取り込むことにより、快適に暮らすノウハ...

配偶者居住権入門

配偶者居住権入門

今年4月1日に施行されたばかりの「配偶者居住権」 今回は、ほんの入口をできるだけ簡単にまとめてみます。1.配偶者居住権とは『被相続人(亡くなった人)と一緒に住んでいた配偶者が、終生、自宅に住み続けることができる権利』です。2.制度創設の背景にある社会...