暮らしに色を取り入れてみませんか? その2

暮らしに色を取り入れてみませんか? その2

~インテリアに物語を~   

在宅時間が増え、北欧風のナチュラルテイストのインテリアにも、ちょっとした刺激が欲しくなってきた今日この頃…
身近にあるものを使って、アクセント色のコーナーを作ってみました。
ポイントをご紹介します。

♢ お土産を飾ってみる

綺麗な色だけれど、使ってこなかったストールやスカーフ、お土産のカップなどは、自分では選ばない色なので、かえって新鮮に感じます。海外旅行を自由にできるようになる日を夢見て、お土産のデミタスコーヒーのカップを中心に、ロシアを味わってみました。
カップをよく見ると、街並みの絵を描いている職人さんの息遣いが感じられるようです。
ベランダで栽培中のロシアの国花カモミール、輸入食品店で最近発売されたロシアの冷菓、使ったことのないショールを合わせてみました。こんな時に、ドストエフスキーの作品を読んでみるのも良いかも…


♢ 果物を盛ってみる

フルーツは、元気の出るビタミンカラーの柑橘系、品種によって幅広い色のリンゴ、色の変化するバナナなど、どれも美味しそうな色をしています。その色のパワーを頂きたいので、キッチンのカウンターに、果物を静物画のように、皿に盛るようにしています。
飾ってみると、セザンヌ等の作品が気になりだして、ネットで絵を鑑賞するようになりました。それまでつまらないと思っていた作品に込められた想いや、画家の筆致やテクニックの違いが見えてくるようです。
時々写真に撮ってスマホのアプリで加工し、油絵、デッサン風などにしてみることも。

写真を油絵風に加工 オレンジとレモン

♢ 茶道のエッセンスを生活に取り入れる

最近、抹茶を楽しむ人が増えているようです。
自宅近くの古民家風カフェは、抹茶を使ったドリンクやプリンが人気で、おしゃれな若い人や欧米人が行列しています。
茶道具では、アウトドア用品店の割れない茶碗やケース入り茶筅などが入った野点セット、フランス風のレースやインドサリー柄を茶器袋に用いて籠に入れたものなどもあり、デザインも選択肢が増えました。
私も茶道のお稽古を始めたこともあり、キッチンに、道具のコーナーを作りました。
更紗風の茶器袋に入れた浦島太郎模様の茶碗、昔祖母にもらった茶杓、先程のカフェで購入した茶筅、宇治の老舗茶園から取り寄せた抹茶などを揃えています。
抹茶は、粉の時の色は鮮やかですが、お湯を入れた瞬間、香り立つように落ち着いた抹茶色に変わり、見ていると心が落ち着きます。

こんな時だから、「一期一会」の意味が胸に染みます。


家の中の整理で思い切って捨てる前に、一つ一つのものを手に取ってみて、ストーリーのあるインテリアを考えてみてはいかがでしょうか?

住まいのナビゲーター 
一級建築士 亀井 真理

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 川道 恵子さんの「配偶者居住権入門」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

 

#暮らし#色

同じカテゴリの記事

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

注記:執筆は6月中旬です  6月は、初夏のようなお天気が続いていますね。そろそろ、梅雨入りでしょうか。我が家の庭には紫陽花も咲いて、恵みの雨を待っているところです。[caption id="attachment_10085" align="aligncenter" width="241"] アジサイ[/caption]こ...

WEB住宅ローン利用増加に思う

WEB住宅ローン利用増加に思う

インターネットを利用した住宅ローンの申し込みや審査は、店舗を持たないネット銀行や住宅ローン専門会社が取り扱いを始め、さらに大手銀行との提携による代理業務や定額自動振替サービスによって返済への資金移動を可能にするなど、その関係を強化して拡充させてき...

性能と住み心地、住まいのバランス

性能と住み心地、住まいのバランス

皆さんが家に求めることはどんなことでしょう?コロナ禍で、週末なども家で過ごすことが多くなったと思います。そのことで、健康を維持しながら快適に暮らすことが、これからの住まいには求められているようです。私は、77歳という高齢の親を抱えていますが、外出を...

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

~北欧の建築家アアルトに学ぶ心地よい住まい~   最近、家での暮らしに関心を持つ人が増えたように思います。住み心地のよさでまず思い浮かぶのは、北欧で最も人気のあるフィンランドの建築家アルヴァ・アアルトです。1936年に建てられた彼の自邸は、デザインの美...

名庭園を訪ねる その4

名庭園を訪ねる その4

~平泉・毛越寺浄土庭園~   平安時代末期、奥州に栄えた藤原氏による一大仏教都市・平泉は、古くからあの「中尊寺金色堂」(1128年築?)の眩く怪しい黄金の輝きで、日本人の歴史ロマンを誘ってきました。当時建造された、中尊寺や毛越寺(もうつうじ)を始めと...

新しい電動工具に買い換えました

新しい電動工具に買い換えました

みなさま。はじめてのコラムを担当させていただきます丸石と申します。どうぞよろしくお願いいたします。ここ東京は未だ緊急事態宣言のただ中ですが、我が家で飼っている文鳥たちの食欲が旺盛になってきているのを見ていて、春も近づいてきているのではないか、と感...