秋の庭から

秋の庭から

~炉開きの季節~
里山の紅葉も最盛期を迎える頃、茶道では炉開きの季節。
それに合わせた茶花も咲く頃。庭のモミジも色づいて紅葉の見ごろを迎えています。

秋のはじまりを告げる 早咲きの椿 (セイヨウボウ)

椿は茶花としては代表格。一種類の花として活けることができます。



茶道のお稽古をするためにリフォームで、数年前に炉切りをしました。
その季節以外は、畳で閉じています。


茶花は、床の間に活けるか、この写真のように柱に一輪挿しなどを掛けて活けます。
上の写真では、春に活けた花だということがわかります。細く伸びた茎の先に垂れ下がるように花を咲かすのは、貝母(バイモ)3月ごろに咲く花です。



花びらに斑点がある赤紫色の花は秋の花「ホトトギス」風情があるので、茶花としても活けることができます。白色の花は白楽天(ハクラクテン)という品種で、杜鵑草(ホトトギス)の一種で、園芸種として作られたものです。
野山で自生している原種を活けるのが茶道の茶花としては相応しいようです。

上の写真は秋明菊(シュウメイギク)、桃色の玉のように見えるのは真弓(マユミ)の実です。藤袴(フジバカマ)、野紺菊(ノコンギク)など秋の花を集めたものです。

炉開きの季節になると、このように庭や野に咲く花を寄せ集めて活けることもあります。
我が家の庭は様々な種類の花が咲いては散っていきます。
秋の庭は花だけではなく、果実の実り多い季節。柿なども色づいて収穫を迎えています。

住まいのナビゲーター 
一級建築士 小林 輝子 

次回のナビコラムもお楽しみに♪

これまでのナビコラムはこちらから!

 

#庭#暮らし

同じカテゴリの記事

猫の額シリーズ その1

猫の額シリーズ その1

みなさま 失礼いたします。ナビゲーターの丸石と申します。狭い場所のことを指して、「猫の額ほどの・・」と言ったりします。ネットで「猫」と画像検索して彼らの顔をながめてみると、ふむふむ。。見る限り、そもそも「ひたい」という概念がなさそう。それ程、とる...

快適なリモートワークのためのインテリア

快適なリモートワークのためのインテリア

〜音を区切り集中しよう〜少し春の息吹も感じる様になってきましたが、未だコロナも猛威を奮っており、心配な日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?お子様がいらっしゃるご家庭では、休校やオンライン授業に再び切り替わり、ご家族ともにご自宅での時間が再び...

ペットと共に暮らす 水槽のある暮らし

ペットと共に暮らす 水槽のある暮らし

皆さんが住まいや暮らしに求めることはどんなことでしょう?「安心・安全」だったり、「安らぎ・癒し」など、求めることは多くあると思います。私にとっての住まいとは、毎日を共に過ごす家族と安らぎのある暮らしを得られることが重要なものとなっています。その暮...

名庭園を訪ねる その6

名庭園を訪ねる その6

~黒石・金平成園(澤成園)~青森県では近年、「大石武学流」と呼ばれる庭園の評価が高まっており、文化財にも次々指定・登録されている様子です。金山も2019年に建築家協会の弘前大会が開かれた折に何庭か拝見しましたが、中でも、最近整備が完了して面目を一...

机をつくる話

机をつくる話

みなさま 失礼いたします。ナビゲーターの丸石と申します。コロナ禍を経験してきて、世の中での働き方がかわりつつあります。その一つにテレワーク。自宅でのお仕事があげられるでしょうか。気合を入れて「さぁ、やるぞ。」となった場合に必要なのが、身を置く机と...

名庭園を訪ねる その5

名庭園を訪ねる その5

~京都・西芳寺庭園~別名「苔寺」として知られる西芳寺の庭園は、日本の庭園美を代表する庭と言えましょう。ところが、この庭園は、創建時は現在の詫びた風情とは全く異なる、明るく華やかな池泉式回遊庭園だった、というと、多くの方は驚かれるのではないでしょう...