暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

暮らしを彩る庭からの恵み~庭の役割 その3

注記:執筆は6月中旬です  

6
月は、初夏のようなお天気が続いていますね。そろそろ、梅雨入りでしょうか。我が家の庭には紫陽花も咲いて、恵みの雨を待っているところです。

アジサイ

このコラムが掲載される頃には、夏本番!といったところでしょうか。

草木は、夏に備えて水揚の季節。水を多く吸い上げるので、木の伐採はしません。新芽が次々と芽吹き、新緑の美しい季節。
そのような時期に、実を付ける植物もあります。ブルーベリーの木は花を咲かせながら、次々と、実らせます。

ブルーベリー

まだ、収穫できるまでには時間がかかりますが、青い実の先にはピンク色の花の名残が。
草花として、見た目にも可愛らしく、楽しむことができます。
庭で草花や草木を育てるということは、実のなる時期も楽しみがあるということです。
前回のコラムでも、さくらんぼの収穫を掲載しましたが、初春から秋にかけて、自然からの恵みをいただくことができます。

イチゴ


プランターで簡単に育てることができるのが、イチゴやパセリなどのハーブ類。日当たりを好みますので、ベランダに置くことができれば、長い期間、何度も収穫ができます。
ベランダや庭から収穫してきた果物や野菜はキッチンへ。
5年前に、母が使いやすいようにダイニングキッチンを部屋の大きさを変えずに、床壁などの内装、家具配置を変えるプチリフォームを行いました。

イタリアンパセリの花を摘んで、ハンバーグに練りこんで。イチゴは、ジェラードに。お野菜はパンにはさんで、食卓へ。

パセリ・ミニレタス


広々と、明るくなったキッチンで、料理も楽しくなります。
作ることの楽しみがあるので、食することができる草花や家庭菜園に力が入ります。
暮らしと住まい、家と庭は一体で考えることが大切ですね。


住まいのナビゲーター 
一級建築士 小林 輝子 

次回のナビコラムは
住まいのナビゲーター 亀井 真理さんの「暮らしに色を取り入れてみませんか? その6」です。

これまでのナビコラムはこちらから!

 

#キッチン#庭#料理#暮らし

同じカテゴリの記事

名庭園を訪ねる その5

名庭園を訪ねる その5

~京都・西芳寺庭園~別名「苔寺」として知られる西芳寺の庭園は、日本の庭園美を代表する庭と言えましょう。ところが、この庭園は、創建時は現在の詫びた風情とは全く異なる、明るく華やかな池泉式回遊庭園だった、というと、多くの方は驚かれるのではないでしょう...

暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

暮らしに色を取り入れてみませんか? その6

~北欧の自然を感じるアアルトのデザイン~ヘルシンキに向かう飛行機の中から見下ろすと、森と点在する湖の美しい景色が広がり、スケール感も色彩も調和する都市が見えてきます。「暮らしに色を取り入れてみませんか?その5」で紹介した建築家アルバ・アアルトと、妻...

WEB住宅ローン利用増加に思う

WEB住宅ローン利用増加に思う

インターネットを利用した住宅ローンの申し込みや審査は、店舗を持たないネット銀行や住宅ローン専門会社が取り扱いを始め、さらに大手銀行との提携による代理業務や定額自動振替サービスによって返済への資金移動を可能にするなど、その関係を強化して拡充させてき...

性能と住み心地、住まいのバランス

性能と住み心地、住まいのバランス

皆さんが家に求めることはどんなことでしょう?コロナ禍で、週末なども家で過ごすことが多くなったと思います。そのことで、健康を維持しながら快適に暮らすことが、これからの住まいには求められているようです。私は、77歳という高齢の親を抱えていますが、外出を...

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

暮らしに色を取り入れてみませんか? その5

~北欧の建築家アアルトに学ぶ心地よい住まい~   最近、家での暮らしに関心を持つ人が増えたように思います。住み心地のよさでまず思い浮かぶのは、北欧で最も人気のあるフィンランドの建築家アルヴァ・アアルトです。1936年に建てられた彼の自邸は、デザインの美...

名庭園を訪ねる その4

名庭園を訪ねる その4

~平泉・毛越寺浄土庭園~   平安時代末期、奥州に栄えた藤原氏による一大仏教都市・平泉は、古くからあの「中尊寺金色堂」(1128年築?)の眩く怪しい黄金の輝きで、日本人の歴史ロマンを誘ってきました。当時建造された、中尊寺や毛越寺(もうつうじ)を始めと...