【お知らせ】冬期における給湯機器の故障予防対策等について

【お知らせ】冬期における給湯機器の故障予防対策等について

ここ東京にも雪が降るくらい、日本全国で寒い日が続いております。
毎日温かいお風呂に浸かってゆっくりしたいですよね。
そのために必要な住宅設備機器が給湯機器です。 

給湯機器は、健康で快適な暮らしを実現するうえで欠かすことのできない住宅部品です。
冬期は気温の低下による配管の凍結が発生など、故障が増加する季節です。
しかし現在、給湯機器は海外からの部品供給の遅延により市場在庫が不足しているため、可能な限り故障を防ぐことが重要です。

そこで、「冬期における給湯機器の故障予防対策等について」
(一財)ベターリビングで取りまとめて紹介しています。

冬場における給湯機器の故障予防について

上記資料をご参照いただき、現在使用している給湯機器を長持ちさせるよう、皆様自身ができる対策を行いましょう。

同じカテゴリの記事

「こども霞が関見学デー」に行ってきました!

こんにちは。毎日暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。今回のスタッフブログでは、8月4日(木)に出展しました文部科学省「令和4年度こども霞が関見学デー」の模様をレポートします。[caption id="attachment_10514" align="aligncenter" wi...

記事掲載*「スマートホーム」で実現する快適な住まい

日刊工業新聞10月8日の住宅特集に、亀井ナビゲーターが執筆したスマートホームについての記事が掲載されました。↓記事はコチラ日刊工業新聞 10月8日号_住宅特集これからの暮らしに、どこまで、どのように取り入れていくとよいのか、また、地球温暖化に対して、環境...

高齢期の住まいの相談窓口として紹介されました!

こんにちは、住まいづくりナビセンターの事務局スタッフからお知らせです。住まいづくりナビセンターでは、2020年度より社会状況に応じて、オンラインでのご相談やセミナーを実施しています。また、住まいのナビゲーター®はテレワークでご相談対応していますが、この...

ナビコラムが始まります

こんにちは!住まいづくりナビセンター事務局のスマ子です。GWも過ぎ、窓から見える木々が一段と青々としてきました。天気もよく外出したい気分にもなりますが、皆さん、今は辛抱です。もう少し一緒に頑張りましょう!!住まいづくりナビセンターは現在、臨時休館中に...

日刊工業新聞 記事執筆のお知らせ

住まいのナビゲーター 山本倫子氏が平成31年4月24日発行の日刊工業新聞に「増税後に施行される住宅取得支援策」を執筆しました。20190424 日刊工業新聞

ショールーム見学のポイント!

3つの異なるショールームを一度に見学♪●今日は新宿南口にほど近いTOTO DAIKEN YKK AP 3社が集まったショールーム東京コラボレーションショールームの見学会を行いました。3社が協働するショールームは全国に8ヶ所しかありません。●見学の前に、ショールーム見...