住まいづくりのパートナー選び

信頼できるパートナーをじっくり探す

信頼できるパートナーをじっくり探す

住まいは「施主、設計者、施工者」の3者が一体となってつくっていくもの。依頼先は、完成までの長いプロセスを一緒に歩む皆さんのパートナーなのです。だからこそ、「依頼先選び」は良い住まいづくりのカギを握る重要なポイントに。
本当に信頼できる依頼先と出会えるまで、あせらずじっくり探しましょう。皆さんの求める住まい像をしっかりと理解し、より良い住まいになるよう共に考え、アドバイスをくれる。そんな、住まいづくりに対する確かな姿勢が感じられる依頼先を選ぶことが、納得・安心の住まいづくりにつながります。

依頼先の種類と特徴

住まいづくりの依頼先は、大きく「住宅メーカー・工務店・設計事務所」の3つに分けることができます。それぞれに特徴があるので、自分の求める住まいづくりに合った依頼先を選ぶようにしましょう。

住宅メーカー

特徴

  • 住宅を商品化し、工場で部材を生産するので、品質が比較的安定しています。
  • 比較的短い工期で家を建てることができます。
  • 住宅展示場で、実際の建物を見学することができます。

例えばこんな人に・・・

  • 家づくりにあまり時間をかけられない
  • “土地の選定から竣工まである程度お任せ” で家を建てたい
  • 企業としての信頼性(ブランド)を重視している など
工務店

特徴

  • 施工の経験に基づき、短期間で現実的な設計をまとめてくれます。
  • 多くは地元密着型。メンテナンスなど、何か困ったことがあった時にもスピーディーな対応が期待できます。
  • 木造軸組工法を得意とする工務店が多く、基本的には自由設計が可能です。

例えばこんな人に・・・

  • 地元に代々お付き合いしている大工さんがいる
  • 自分で思い描くプランがある
  • 家を建てた後も、ちょこちょこ手を入れていきたい など
設計事務所

特徴

  • 話し合いを重ね、さまざまな要望を聞いたうえできめ細やかなプランを作成してくれます。
  • 施工中も施主サイドに立ち、専門家の立場で工事内容を客観的にチェックしてくれます。
  • 全てがオーダーメイドなので、細かいところまで自分のこだわりを実現できます。

例えばこんな人に・・・

  • 細部に至るまで納得できる住まいをつくりたい
  • 住まいづくりに対するこだわりが多い
  • 変形(狭小)敷地に家を建てる など

依頼先探しのポイント

数多くの住宅メーカーや工務店、設計事務所の中から、「自分に合うパートナー」をどのように選べばよいのでしょうか。ここでは、より良い依頼先を探すためのチェックポイントをご紹介しています。
納得の住まいづくりのためにも、長く快適に住み続けるためにも、依頼先は長いおつき合いになることを考えて選ぶことが大切。対応に誠意が感じられ、信頼して相談できる依頼先と出会えるようじっくり検討してください。

POINT 1

POINT 1

イメージに合った住まいづくりができそうか

まずはモデルハウス、カタログ、雑誌、インターネットなどを活用して、気になる依頼先の情報収集を。「どんな住まいづくりをしているのか」「得意分野やデザインは?」「予算の目安は?」などの基本情報を知り、イメージに合う住まいづくりができそうな依頼先を見つけましょう。

POINT 2

POINT 2

担当者(営業担当や設計者)と信頼関係を築けるか

皆さんの希望や思いをしっかりと理解し、誠意ある対応をしてくれるかどうか。どんなことでも、気軽に相談できる相手かどうか。担当者とのやりとりの中で、対応や相性をしっかり見極めることも大切です。確かな信頼関係を築いていける、と感じられる依頼先を選んでください。

POINT 2

POINT 2

アフターケアやメンテナンスまで任されるか

「建てて終わり」ではなく、その後のアフターケアやメンテナンスまできちんと相談できることが理想。長く快適に暮らしていくためにも、建てた後の対応まで安心して任せられるかどうかを確認しておきましょう。

関連情報をチェック!
お役立ちサイト