リフォームならではの注意点

ポイントを押さえて、リフォームの失敗を避ける

ゼロから始める新築工事とは違い、リフォーム工事は現実にあるものの上に工事を加えるもの。
そのため、住まいによって工事にもさまざまな制約が出てきます。
リフォームを計画する際は、設計者やリフォーム業者などの専門家に現状をよく確認してもらい、その上で判断をしてもらいましょう。

こんなところに注意

最新の設備機器の採用には注意が必要です

例えばこんなケース・・・

  • 例1:水圧が不足して希望したトイレが付けられない
  • 例2:天井裏(ふところ)の高さが不足して、照明器具やエアコンなどの埋込みができない
柱や壁など、構造上大切な箇所を工事するには事前に十分な検討が必要です。
近隣の方には、事前に工事内容や工期についての説明を。あいさつを忘れないようにしましょう。
  • 「住みながらの工事」の場合のポイント
  • One Point
  • リフォームの工事中は、多くの職人さんが出入りします。鍵や戸締りの管理について工事管理者ときちんと取り決めをしておきましょう。
  • 工事中は騒音、振動、埃などが発生するので、工事の進め方についてよく相談しておきましょう。

こんなところに注意

関連情報をチェック!
お役立ちサイト