竣工施主検査と引渡し

いよいよ完成。最後のチェックはしっかりと!

住まいづくりもいよいよ大詰めですが、工事の最終チェックは大切なポイントです。
引渡し後に不具合が見つかることのないよう、しっかり確認しておきましょう。

竣工施主検査

工事が完了する間際には、工事関係者と一緒に検査をします。そのとき、仕上げ材の確認とともに、ドアや窓、家具の扉などを開け閉めしたり、さまざまな設備のスイッチを入れたり動かしたりするなど、実際に使って確かめてみましょう。
また、終わっていない工事がある場合には、いつ検査をするのかも確認しておきましょう。

検査のポイント

検査のポイント

窓や扉、設備などは実際に使ってチェック

ドアや窓、扉などがスムーズに開閉できるか、設備は問題なく動作するかなどを、実際に使って確認しましょう。

引渡し

いよいよ引渡しです。ここでは引渡し書類をしっかり確認してください。引渡しの書類には、図面など住まいのメンテナンスやリフォームをするときに必要なものがたくさんあります。なくさないよう、きちんと保管するようにしましょう。