工事の進み方を確認する

基礎工事から完成まで、自分の目で確かめる

基礎工事から完成まで、自分の目で確かめる

工事が始まったら現場に足を運んで、自分の目で確かめるようにしましょう。
特に工事が進むと隠れて見えなくなってしまうところ、例えば基礎や壁の中の様子などは、工事の途中でしか見ることができません。工事現場を見て疑問に思うことがあったら、現場の窓口である現場監督者または設計者に聞いてみましょう。

施工現場の進み方

実際の工事はもちろん、地鎮祭や上棟式、公的な検査など、現場で行われることはさまざま。施工の進み方とともに、行事・祭事なども合わせて把握しておきましょう。

現場でのチェックポイント

  • 施工前
  • Check Point
  • 解体範囲の確認(解体工事当日/既存の建物や植栽などがある場合)
  • 建物の配置を確認(地縄張りの日)
  • 基礎工事
  • Check Point
  • 基礎を見る(コンクリート打設前)
  • 躯体工事
  • Check Point
  • 骨組み、構造躯体の確認(上棟の当日)
  • 床の高さや段差有無の確認(上棟の当日)
  • 躯体の処理の確認(木造:防腐防蟻処理など)
  • 発注前に取り付け設備の確認(サイズ、色、デザインなど)
  • 内装工事・外装工事などの仕上げ関係
  • Check Point
  • 木工事の最終チェック(内装工事に入る前)
  • コンセント、各種スイッチの位置、高さの確認(内壁にボード類を張る前)
  • 照明器具の種類と取り付け位置の確認(天井や内壁にボード類を張る前)
  • 躯体と開口の高さ位置関係、照明器具、カーテンボックスなど
    補強が必要な場合の補強の有無 および
    取り付け位置などの確認(天井や内壁にボード類を張る前)
  • 空調の配管の確認
  • ペンキやタイル目地など現場で仕上げる部分の色決め
  • 手すりの高さ
  • システムキッチンの高さ
  • その他の現場合せ
  • 工事終了前後
  • Check Point
  • 施主検査および手直し工事の確認

現場に行くときの服装と持ち物

現場に行くときの服装と持ち物