間取りと図面を読みこなす

自分の暮らしを間取りの中にしっかりイメージ

自分の暮らしを間取りの中にしっかりイメージ

間取りや図面というと専門的でちょっと難しいイメージを持つ人も多いと思いますが、住まいづくりを進める上ではとても重要なものです。
依頼先まかせにせず、しっかり考えるようにしましょう。まず、間取りを考えたり、読んだりするときの基本は、その間取りの中での自分の生活・動きをイメージしてみることです。
また、住まいづくりの中では、間取りだけではなくいろいろな図面があります。
あなたの住まいのために「どんな図面が作られ」「何が描かれているのか」を、依頼先からきちんと説明してもらいましょう。
よくわからないことがあったら、そのつど質問していくことが大切です。

間取りと図面を読みこなすには・・・

  • 間取りの中での生活、動きをイメージしてみましょう。
  • 「どんな図面で、何が描かれているのか」をしっかり説明してもらいましょう。
住まいづくりには、例えばこんな図面があります
図面の種類図面の内容図面でわかること
図面表図面の一覧表 
案内図・概要・
面積表・配置図
敷地や建物の面積の算定図と算定表、敷地に対する建物の配置などを示す。増築の余地の有無、建物廻りのスペース
特記仕様書図面で表現できない、使用材料の種類や施工方法などの指示や注意点等を、文章や数値で指示するもの。一般的には、住宅金融支援機構や各種協会の『共通仕様書』に従うなどの指示が記載されることが多い。周辺環境・工事条件など、施主の特殊希望についての記載の有無
外部仕上表・内部仕上表外壁や屋根などの外部の部分、台所や寝室などの内部の各部屋ごとの使用材料を示す。尚、図面中の食い違いについては、特記仕様書→仕上表→縮尺の大きい図面→縮尺の小さい図面、の順に優先される。仕上材料の種類と品番・色など
各階平面詳細図家の平面を詳細に表したもの。壁の中の柱や建具の枠まで表現され、平面における細かい寸法などを指示するための図面。ドアや廊下の有効寸法、壁の出っ張りなど部屋の大きさも分るので、家具を置いて検討
立面図東西南北の立面図を記載。壁仕上げや屋根の模様が入るので、実際により近いイメージが持てる。隣家との窓の関係
矩計図
(断面詳細図)
家の断面を詳細に表したもので、階段の段差他、縦方向の詳細な寸法を記載している。床下や壁、天井や屋根裏など、表面に見えない部分を表現している。壁や基礎の形状や構成部材、階段の傾斜など
建具キープラン各建具の位置と建具表における番号を照らし合わせるもの。 
建具表各部屋の建具を作成するための図面。開閉方式や、使用する金物やガラス、木材の種類などを指示している。ガラスの種類、鍵・面格子・雨戸などの防犯性能も
展開図各部屋の出来上がった状態を表現したもの。原則として全ての壁を記載し、取り付けられる器具や部材の位置や形状を指示するもの。これらの他に同じく天井を表現した天井伏図を添付する場合もある。窓・窓台・天井の高さ、収納の形状、スイッチの位置や高さ、照明器具やタオル掛などの備品の位置

基礎伏図・
各階床伏図

各階梁伏図・
小屋伏図

木造の構造図。基礎の形状・床組みの材料や材の位置・梁の寸法・床下地や屋根下地の向きなど。これらの他に、壁の構造を示した軸組図もある。床下にコンクリートを打つかどうか?
図面の種類図面の内容図面でわかること
機器表・器具表ルームエアコン・換気扇などの空調機、給湯器、便器・浴槽・水栓などの衛生設備器具の型番や色など。見積に含まれる機器類。空調機類が見積に含まれている
各階衛生設備図屋内・屋外の給水・排水・給湯・ガスの配管経路や衛生設備の位置など。屋外の排水桝やメーターボックスの位置も。給湯器から蛇口までの長さ
各階空調設備図空調機(屋内機・屋外機)の位置と冷媒・ドレン配管経路、換気設備の配置と種類など。空調機の取付予定となっている部屋
照明器具姿図取付予定の照明器具と型番、姿図、使用する電球の型、台数を記載。見積に含まれる照明器具
各階電灯コンセント図スイッチやコンセント、照明器具などの配置や配線経路など。正確な位置は展開図を参照し、こちらでは凡例をもとに機器の種類を表現。照明のスイッチの位置と種類、コンセントの数
各階弱電設備図テレビ配線・電話配線・インターホンの取付位置や配線経路など。現在はISDLや光ファイバーケーブルなどもある。テレビを見る部屋、インターネットの使える部屋