依頼先に要望を伝える

イメージを共有して、スムーズな住まいづくりを

イメージを共有して、スムーズな住まいづくりを

依頼先(住宅メーカー・工務店・設計事務所)に要望をきちんと理解してもらうことは意外と難しいものです。
納得の住まいづくりを実現するためには、お互いが同じイメージを持てるようしっかり意思を伝え合うようにしましょう。

住まいのイメージを伝えるポイント

STEP 1: イメージファイルをつくりましょう

イメージファイルをつくりましょう

住宅のインテリアや外観などの写真で自分の好きなもの、嫌いなものを集めてイメージファイルを作ってみましょう。選び出し集めることを通して、自分の求める住まいのイメージを具体的に表現できるようになります。
また、家族の要望をまとめたり、依頼先にイメージを伝えたりするときに役立ちます。

STEP 2: 実物を見て話をしましょう

依頼先の担当者と一緒に住宅展示場や家具、内装などのショールームへ行き、実際のものを見ながら話をしましょう。言葉や写真だけで伝えるよりも、より明確にイメージを共有することができます。

STEP 3: 打ち合わせのときには・・・
  • 打合せの前に伝えたいこと、質問したいことを書き出しておきましょう。
  • 打合せの内容をメモ程度でよいので書きとめておきましょう。
  • 問題がでてきたら、解決策を次の打合せできちんと話し合いましょう。
  • 打合せの資料は、早めに受け取ってよく見ておくと話もスムーズに進みます。
  • できるだけ家族みんなで打合せに参加しましょう。