設計と工事の依頼先選び

リフォームの計画から完了まではどう進む?

リフォームの計画から完了まではどう進む?

設備機器の交換のみという小規模なものから、住まい全体に及ぶ大規模なものまで、リフォームのレベルはさまざま。依頼先はそれぞれのレベルに応じて選ぶようにします。大規模なリフォームの場合は “設計” が大切なポイントとなるので、新築と同じように依頼先を選ぶようにしましょう。

依頼先の種類

リフォームの内容工事や設計の依頼先

増築・改築

間取りの変更などを含み、構造躯体への対応能力を必要とする工事。建築工事的な領域で、複数職種の職人を必要とする。

  • 工務店

大半が新築もリフォームも手がけています。ただし、リフォームへの取り組み姿勢は会社によってまちまちです。水廻りやインテリア工事など総合的なリフォームに対応できる所も少なくありません。工事中心ですが中には設計にも力を入れている会社もあります。

  • 住宅メーカー、ディベロッパー、ゼネコンなどの大手建設系会社

ほとんどの住宅メーカーが自社物件のリフォーム事業に取り組んでいます。基本的に設計と工事を扱います。また、自社物件以外も対応している会社もあります。

  • 設計事務所

大半の設計事務所はリフォームも手掛けています。ただし事務所によって実績はまちまちです。設計だけを行い、基本的に工事は行いません。

水廻りや冷暖房設備、内装の模様替え、屋根・外壁工事、基礎の構造補強 など

住宅の部分の工事で専門工事会社で対応可能な領域

  • 住宅部品メーカー系工事店

多くの大手の住宅部品メーカーは工務店や設備工事店などを「リフォームショップ」とし、自社の代理店としてリフォーム事業に参加しています。工事中心ですが、中には設計にも力を入れている会社もあります。

  • 電気・水道・ガス等の設備工事店

設備工事が中心です。

カーテンやユニット家具の取替え・設置 など

単一職人で対応可能な工事や物品販売が主体となる工事

  • 建材店、家具店、ホームセンター、デパート、不動産仲介業者 など

大規模なリフォームに対応できるところも中にはありますが、大半は物品販売を中心としたリフォームや比較的小規模な工事を中心としており、中には設計のアドバイスを行う会社もあります。また最近では家具を中心としたインテリアショップがキッチンなども扱い、ライフスタイルに合わせてトータルにリフォームを請負うところもあります。

建具や錠前、水道蛇口の修理などメンテナンス・小工事の類

作業が中心で専門家でなくても対応が可能な場合がある

  • 塗装工事店、板金工事店、内装工事店などの専門工事店

専門とする分野に限っているところが大半で、大規模な増改築は行っていないところが多いです。工事が中心で基本的には設計は行っていません。

  • リフォーム専門会社

上記以外に、リフォーム専門の会社があります。設備機器の取り替えのような小規模工事のみを行うところから、増改築を行うところまで様々です。
デザイン力をアピールしている会社もあります。

依頼先選びのポイント

リフォーム業界には規模も業態も異なる様々な業者が参入しています。安いからという理由だけで決めず、リフォームの内容が業者の専門・得意分野と合っているか、提案

依頼先のここをチェック!
  • 会社の内容について
  • Check Point
  • どのような工事が多いのか、得意分野は何か
  • 業界団体に所属しているか(リフォネット等)
  • 工事監理はどのように行っているか
  • アフターサービスはどうなっているか
  • 保険に加入しているか(建設工事保険、請負業者賠償責任保険、等)
  • 担当者について
  • Check Point
  • こちらの希望内容を的確に聞き取っているか
  • きちんと打ち合わせメモをとっているか
  • 質問には丁寧に答えてくれるか
  • 商品知識は豊富か
  • プラン・見積もりについて
  • Check Point
  • 要望に充分応えた内容か
  • 専門家ならではの提案があるか
  • 選択肢について長所、短所をきちんと説明できるか
  • 見積もりには明細がついているか
  • 減額について、仕様変更の相談にのってくれるか
  • 契約について
  • Check Point
  • 契約を書面で交わしてくれるか
  • 契約内容がきちんと反映された書面を作ってくれるか
関連情報をチェック!
お役立ちサイト