Sumanavi Center
住宅・リフォーム相談トップ>住まいづくり基礎知識>環境にやさしい住まい
まずは無料のナビゲーションからご予約ください
【ご予約・お問い合わせ】
Tel. 03-5166-8300
開館時間 【水曜定休】
11:00〜18:00(平日 17:00)
ご予約・ご来館からサポートまで【サービスの流れ】 住まいづくりのプロフェッショナル【住まいのナビゲーターとは?】
住まいのナビゲーター募集

環境にやさしい住まい

*

人にも環境にもやさしい、これからの住まい

これから住まいづくりをする人に、ぜひ考えてもらいたいことがあります。
それは「環境にやさしい」住まいづくりのこと。
「地球環境にやさしい」のはもちろんのこと、
「暮らしにやさしい」住まいであることも大切です。
今をより快適に暮らすために、未来に豊かな環境を残していくために、
住まいづくりにできることを考えてみましょう。

地球環境にやさしい住まい

住まいは、建てるときも完成した後も、常に大量の資源やエネルギーを消費しています。地球温暖化を防ぐためにも、建物のライフサイクルを見据えて、環境に負荷をかけない住まいづくりをする努力が必要です。CO2を減らすためにできることは、まず「省エネ性能に優れた住まい」にすること。例えば、太陽光のような自然エネルギーを取り入れたり、断熱・気密性能を高めて冷暖房の効率をアップしたりすることなどです。
また、「丈夫で長持ち」な家をつくることで、建て替えによる資源のムダ遣いや廃棄物を減らすことができます。リサイクルできる材料やリサイクルされた建材を利用したりするなどの方法もあるので、上手な取り入れ方を依頼先と相談してみてください。
そのほか、屋上や壁面を緑化したり生垣を作ったりすると、緑を増やすとともに、ヒートアイランド現象を抑制する効果もあります。環境に配慮した住まいづくりの工夫で、一人ひとりの身近な生活がエコにつながるといいですね。

環境に配慮した住まいとは

*
省エネ性能に優れた住まい
暮らしの中で消費するエネルギーを減らし、CO2の排出を削減します。
長寿命な住まい
建て替えによる資源のムダ遣いや廃棄物を減らすことができます。
*
pagetop

暮らしにやさしい住まい

生活の基本を支える住まいだからこそ、地球環境だけでなく人へのやさしさにも配慮が必要です。居住環境には「温熱環境」「空気環境」「音環境」「光環境」などがあり、それぞれの環境を整えることで、暮らしにやさしい住まいを実現することができます。

温熱環境

温熱環境とは、空間における熱や温度の状態のことで、住み心地としての暑さ寒さのこと。どのような温熱環境の住まいにするかは、断熱などの省エネルギー対策によって決まります。住んでいる地域や暮らし方にあわせた温熱環境を考えて、快適な室温を保つ工夫をしましょう。

空気環境

空気環境は、換気方法や頻度によって変わってきます。気密性の高い現代の住まいでは、有害な化学物質によるシックハウス対策として24時間換気が義務付けられています。空気環境では、湿度コントロールも大切です。地面からの湿気が室内に影響を与えないよう防湿対策を行うとともに、室内で発生する結露を防ぐために、住まい全体を自然な風が通るような計画にしましょう。

音環境

音環境は、住まいの中から発生する音の対策と外からの音を防ぐ対策によって決まります。音には、空気を伝わる音と壁や床を伝わる振動音があるので、住まい方に合わせて対策を立てるようにしましょう。また、本格的にピアノなど楽器を演奏する場合には、依頼先や専門家に早い段階から相談するようにしてください。

光環境

光環境は、自然光をどのように取り入れるかによって変わってきます。壁面の窓だけでなく、屋根面に取り付けるトップライトや日射しの熱を受けにくい北側採光など、居室での過ごし方によって、光の取り入れ方を工夫すると明るい住まいになります。

pagetop
Copyright (c) Sumanavi Center All Rights Reserved.