Sumanavi Center
住宅・リフォーム相談トップ>住まいづくり基礎知識>ユニバーサルデザインとバリアフリー
まずは無料のナビゲーションからご予約ください
【ご予約・お問い合わせ】
Tel. 03-5166-8300
開館時間 【水曜定休】
11:00〜18:00(平日 17:00)
ご予約・ご来館からサポートまで【サービスの流れ】 住まいづくりのプロフェッショナル【住まいのナビゲーターとは?】
住まいのナビゲーター募集

ユニバーサルデザインとバリアフリー

*

家族みんなが、ずっと快適に暮らしていくために

「ユニバーサルデザイン」とは、年齢・性別の違いや障害などに
関係なく、すべての人にとって使いやすいよう考えられたデザインのこと。
「バリアフリー」は、高齢者や障害のある人にとって
日常生活がしやすいように工夫されていることをいいます。
これからの住まいは「長く住み続けられること」が求められるようになってきました。
そのとき必要となるのが、年齢や身体の状況に関わらずみんなが
暮らしやすくなる、このような工夫なのです。
将来にわたって長く快適に暮らしていくためにも、ぜひユニバーサルデザインや
バリアフリーを意識して、住まいづくりを考えてみてください。

住まいのユニバーサルデザイン

そこで生活する人「全員にとって暮らしやすく」、長く暮らすうちに変化する「住まいへの要求にも柔軟に対応」できるデザイン・計画であること。それが、住まいにおけるユニバーサルデザインの基本です。
このような住まいは、ずっと快適に暮らしていけるだけでなく、同じ家に長く暮らせることで、引越しや大規模リフォームを行うよりも「長期的な経費を抑えられる」というメリットもあります。

住まいのユニバーサルデザイン・4つのポイント

*
可変性への配慮
シンプルな間取り、増築・改築のしやすさ、空間の転用のしやすさなどに配慮していますか?
*
*
柔軟なオプション対応
必要が生じたときに、手摺や設備機器などが取り付けやすい構造(壁下地補強など)になっていますか?
*
*
安全性の確保
段差解消、階段の幅や勾配、スペースに余裕のある水廻りや廊下など、暮らしの安全にしっかり配慮していますか?
*
*
使い勝手の良さ
レバー式のドアハンドル、玄関脇のベンチなど、便利で使いやすい工夫がされていますか?
*
pagetop

住まいのユニバーサルデザイン

お風呂やトイレ、キッチンなど、設備機器の各メーカーからは「ユニバーサルデザイン」と謳われたさまざまな製品が販売されています。しかし、ユニバーサルデザインの工夫は幅広いものなので、「ユニバーサルデザインだから自分にとっても使いやすい」とは一概にはいえません。自分のことや家族のこと、それぞれの特性やニーズをしっかり見極めながら、一つ一つの機器を選んでいくようにしましょう。

pagetop
Copyright (c) Sumanavi Center All Rights Reserved.