Sumanavi Center
住宅・リフォーム相談トップ>住まいと暮らしのお役立ちコラム>心地よいあかりとは…
まずは無料のナビゲーションからご予約ください
【ご予約・お問い合わせ】
Tel. 03-5166-8300
開館時間 【水曜定休】
11:00〜18:00(平日 17:00)
ご予約・ご来館からサポートまで【サービスの流れ】 住まいづくりのプロフェッショナル【住まいのナビゲーターとは?】
住まいのナビゲーター募集

住まいと暮らしのお役立ちコラム

【心地よいあかりとは・・・】

 No.39のコラム『もっとあかりを楽しもう!!』では、照明の演出方法をお話しました。
 実際に体験していただけたでしょうか?興味が湧いてきましたか?
 あかりを使った空間創りには、それぞれの照明器具の特徴をきちんと理解することが重要です。そこで、今回のコラムでは、照明器具にはどのようなものがあり、どう使えばいいのか?ということについてお話したいと思います。

●二つの『あかり』


 心地良いと感じる空間には様々なあかりが用途に合わせてバランスよく使われています。
 大きく分けてあかりには、部屋全体を明るくする『主照明』と、必要な明るさを補ったり、室内を演出するための『補助照明』があります。
 主照明は建築工事の段階から設計に組み込まれ、それぞれの部屋の機能を保つために必要不可欠な『ベースとなるあかり』であり、補助照明はコンセントに差込みさえすれば自在にあかりを灯すことができ、灯すことで部屋に表情を持たせ、陰影をつける効果が期待出来る『プラスのあかり』です。

■ 主照明 (右のイラストをクリックしてご覧下さい。)
 ◎ シーリングライト
天井に直に取り付けるタイプ。形は薄くてシンプルなものが多い。部屋全体を均一に照らす。
 ◎ ダウンライト
天井に埋め込むタイプなので、器具自体を目立たせたくないシンプル志向の方向き。補助的に使う事が多い。
 ◎ ペンダントライト
天井から吊り下げるタイプ。ダイニングの照明として使われることが多い。テーブルのサイズや用途を考慮して選ぶ。
 ◎ シャンデリア
天井から吊り下げるタイプ。装飾的なので照明だけではなく、インテリアとしての演出効果も高い。器具自体に高さがあるので選ぶ時に注意する。
■ 補助照明 (右のイラストをクリックしてご覧下さい。)
 ◎ ブラケット
壁に直付けのタイプ。壁面が明るくなるため、部屋に奥行き感が生まれ、広く見える。
 ◎ スポットライト
天井や壁に取り付けるタイプ。絵画や植栽など特定の対象物を照らすことが目的。主照明が明るすぎると、効果が薄れる。光の方向が自由に変えられるのも特徴。最初から配線のことを考える必要がある。
 ◎ フロアースタンド・テーブルスタンド
手元の補助照明としての役割の他にインテリアとしての演出効果も高い。コンセントさえあれば、自分でいろいろなところに移動できるので便利。
 ◎ アッパースタンド
壁際に置くタイプ。光を天井に向けて間接照明をつくり出す。部屋全体を柔らかな印象にする効果がある。
 ◎ ロースタンド
低い位置から光が広がるので、落ち着き感を演出。
 他にもたくさんのあかりがありますが、重要なのはこれらのあかりをバランスよく配置することです。そのためにもそれぞれのあかりの特徴を知り、上手に組み合わせることが大切です。
クリックすると拡大します

●照明計画を立てよう


 あかりの特徴がわかったら、次に照明計画を立ててみましょう。計画を立てるにあたっては、まず最初にどんな部屋で暮らしたいのか?生活していく上で、どこにどのようなあかりが必要なのかをイメージすることが大切です。あかりを考えるタイミングとしては、間取りがほぼ決まってから照明器具を選ぶのではなく、間取りを考えている段階であかりのことも一緒にイメージし、計画することで、より理想的な家づくりが実現します。
 その時忘れてはいけないことは、住宅では一つの部屋が実にさまざまな機能を満たさなければならないということです。例えば、人が集まるリビングは、昼間は子供たちが遊び、夜は夫婦でくつろぎ、週末には友人を招いてのホームパーティーの場に変身します。こうした生活のシーンに応じてあかりを変化させれば、居心地は素晴らしく向上し、場面に応じたあかりによって部屋は全く異なった表情を見せてくれます。
 つまり「あかり」の組み合わせを変えることで、部屋のバリエーションを何通りにも増やすことが出来るのです。
 
 それでは、具体的な照明計画のポイントをあげてみましょう。
  1. 部屋全体は間接照明の柔らかい光でつつみ、機能的に明るくしたい場所はきちんとあかりを確保するなどメリハリをつける
  2. あかりの色味 (色温度) を統一する
  3. 調光することで演出に幅を持たせる
  4. 照明器具は高低差をつくるように設置する
  5. 部屋のアクセントとなる絵画や植栽などを照らす

●本当の贅沢とは・・・

 あかりの最大の魅力は、簡単に部屋の雰囲気を変えることができることです。スイッチのON・OFFや調光により光の強弱を楽しみ、光源を移動させ、照らす場所を変えてみる・・・自分自身の空間の演出を遊び感覚でチャレンジしてみて下さい。ひとつのあかりが大きく気分を変えることでしょう。
 本当の贅沢とは決してお金をかけることだけでなく、心地よいあかりが創りだす安らぎの空間に身を置けることなのですから。

[住まいのナビゲーター]
Copyright (c) Sumanavi Center All Rights Reserved.